ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.05 Monday

【心のままのアート展】開催!

“ バーモンドキッチン”と同じ日程で、
【心のままのアート展】が、新井ふれあい会館で開催されていました。
以前、“アルネ小濁”という陶芸グループの記事をのせましたが、
その作品展が、この日にありまして、午後ちょっと覗いて来ました。

《たくさんのいのちはぐくむ妙高 〜ノーマライゼーション社会の実現を目指して〜》というサブタイトルがついていました!

この【心のままのアート展】は、
障害のある人と健常者が共に楽しみながら、アート作品の制作や展示を通して交流することを目的に、平成18年から活動している会の主催です。



★陶芸(真夏の炎天下の下で野焼きして作って作品たち)



★さおり織り(最近ちょっとブーム)



秋らしくこんな物も色を添えて!(もちろん本物です)





★生け花とちぎり絵
 

★岡田清和さんの貼り絵(この地方では有名な芸術家)




★この“焼き物のすだれ”がステキな音を醸し出してなんとも言えない響き!





“ノーマライゼーション”と言う言葉と意味を、
ヘルパー2級の資格を取るときに、受業で習って知っていましたが、
現実社会では、自分の周りにどんな形となって現れているのか、
正直、実感できませんでした。
こんな風に、物を創造する芸術の世界なら、
違和感無く感じられる事を、今回知りました。



2009.10.04 Sunday

バーモンドキッチン食育体験教室イン妙高!

 バイトに明け暮れて、
気がついたら十日近く開かなかった、【千鳥草の部屋】!
気にはなっていたけれど、
心を鬼にして、PCの前を素通りしていた次第!
その間にも、記事ネタは溜まり、
デジカメの撮り溜めが増し、
そろそろ限界になってきた今日、やっと取り込み編集完了!
やれやれ一息ついたのもつかの間、
次に、記事の書き込みがまた一仕事あり!

期日が随分と前になって、色褪せた感も有るが、
没にするにはちょっと惜しいし、
投稿することにした!


★恒例の【食育体験教室バーモンドキッチンイン妙高】が、
9月26、27日に実施され、世詩絵は今年も27日のカレー作りに参加!
ハウス食品の、公募に当選された親子(小学生のみ)約40人ほどと、スタッフ20人で、
妙高市内の《友楽里館》裏地で実施
野菜を切る作業は子供が行い、大人は見守るだけという原則!
どの子も積極的に、てきぱきと作業する姿が、実に頼もしかったねぇ〜!
我が子の包丁さばきに、感嘆しているお父さんの顔が印象的でした!





ご飯は、昔懐かしい《ぬか釜》で炊きます
もちろん、あの“おこげ”もちゃんと出来ました!



カレーを煮るかまどの火種は、もちろん薪!
焦がさないように、かき混ぜるのも重労働です!
ここは、やはり大人の仕事!



二時間半ほどで、
“夏野菜カレー”と“キーマ(挽肉)カレー”“梨とブドウ入りフルーチェ”が完成!
スタッフもお相伴にあずかり、美味しいカレーライスを食しました。
何年かぶりかで食べた、“フルーチェ”を懐かしく頂きました!
(わが家も子供たちが小学生の頃よく作りましたから)




※今年で14年目のこのイベントは、去年まで年二回開催されていたのですが、今年は諸事情で今回限りとの事!
でも、来年以降も引き続き予定されているそうですので、その時もスタッフで参加出来たらいいなぁ〜と、世詩絵は思っています。


2009.09.08 Tuesday

いえ味恒例【バーベーキュー親睦会】!

お待たせしました、昨日のつづき!
          (待って無かったって?・・・・・・・・・・・あっそう!・・・・・・・・・・・・・でも聞いて!)


焼きあがった焼き物を丁寧に片付け、
       (手渡しは落下事故の元なので、一人二個づつ持って館内へ)

さぁっ、いよいよ【バーベーキュー】の始まりです!
火種を集めて、
レンガを積み立て、
鉄筋棒で渡しを作り、
網板を乗せて、手作り竈の出来上がり!
懐かしい光景でしょう?
        (懐かしいって思ったあなた 歳が知れます)




まずは、野菜から焼き始めるんですが、
なんてったって、熱いんだわー!
その上、煙が風向きでこっちへ流れて!
目が、目がちくちくと痛くなって!
顔を背けて、腕をめいいっぱい伸ばして!
何とか野菜を焼き終わり!
          (作業したのは、世詩絵じやないんだけど・・・・・・・・おぃっ、)

肉を焼く前に、もう一つの主役のソーメンを茹で、
最後に、高級?お肉の登場!
  (写真が無いのが 残念なんだけど・・・・・・・・あなたの想像通りよ)

そして、お腹も相当減ってきて、よだれがたれそうになり
個々に持ち寄った差し入れも並べて、飲み物は各自持参!
さぁっ、食べるぞー!
総勢13人の箸が一斉に動き出します!

                

しばし無言の時間が流れて・・・・・・・・・・・・


※やっぱり写真撮りそびれて、宴たけなわ中ですが!
  ほとんど食べつくした後! (食べるの忙しくってさ)





お腹が満足すれば、自然と口がお喋りに回り、
話題は、何時しか《大地の芸術祭》で盛り上がり!
世詩絵は、《雪ノウチ》のすばらしさを力説!
参加者のジローさんは、十日町市の住人、
あれこれ聞いていたら、
同じく参加者の、柴やん・柴タンが、
“よーし、来週行くぞー”と大乗り気!
ジローさんから、パンフレットを借りていましたが!

ちなみに、世詩絵はジローさんから
《雪ノウチ》の折り方を教えてもらい、自分でくす球を作る予定!

★今回、珍客が参加!
柴やんちのお犬様“ももちゃん♀”
自前のお座布団も持参で、最初は少々緊張気味でしたが、
慣れてきたら、いつもの鎖も無いし、
喜び勇んで駆けずり回っていました!
なぜか途中で、世詩絵に蹴っ飛ばされました!
それ以来、近づいて来ない!




★私ね、今日彼氏が出来ちゃったのよー!
    恥ずかしいワン!



夏野菜が不作の今年でしたが、
ゴーヤだけは、出来が良かったみたいですね。
焼きゴーヤも意外と美味でしたよ!
ところで、完熟のゴーヤの中見た事ありますか?
この真っ赤な種を食べると、甘くって美味しいですよー!
黄色になった実も、ほとんど苦くないって知ってましたか?
一度お試しあれ!






午後三時、初秋の日差しは西に傾き、
風もいっそう涼しくなった頃、
楽しかった【バーベーキュー】も終わりです。
後片付けをして、火の始末をして、散会となりました!







2009.09.01 Tuesday

【大地の芸術祭】パート!

 《雪ノウチ》に感動して、お土産頂いて感謝して、
また、松代まで戻りました。
そして、《農舞台》の背後の、
里山に点在する作品群を見に出かけました。
歩くのが苦手な世詩絵は、車で行く事に!
運転上手な友人じゃないと、とても無理な農道を登ります。
ぐるっと一回りすると、もとの場所に戻る道順は有りがたいね。
でも、とてもすれ違いが出来ない細い道なので、
一方通行に規制されていた方が、良いんじゃないかなぁ〜!

では、見て来たアート作品の紹介です!

★150  花咲ける妻有と能舞台




★157  棚田
      ちゃんと稲を作っている、田んぼの真ん中に
      人形が立ててあるのよねぇ〜!




★156  リバース・シティ
       真下に行くと、この鉛筆が落ちて刺さりそうな恐怖
   



★159 ○△□の塔と赤とんぼ


★148 ケロンパ大合唱


★165 今を楽しめ
     冷凍庫の中に、本物の雪で作って雪だるまがいます




★166 観測所  風の音が聞こえてきます


★190  リトル・ユートピア・ハウス




★179 棚を守る竜神の塔
      丸太と煉瓦で作った有ります


★180  フィヒテ(唐檜)・森の図書館
     涼しい森の中で、ゆっくりと読書ができます。
     ただし、虫嫌いには無理かも!
 
   



★183 まつだいスモールタワー


★181  WD スパイラル・パート供.泪献奪・シアター
      雪国仕様の丸い作りは、雪に埋もれても大丈夫!
             別荘に一つ欲しいね。




★178 木



※途中の道脇にあった、この清水がすごく美味しい水でした!
   ほとんど飲まれる事が無いなんて、勿体ないねぇ〜!



初めて訪れた【大地の芸術祭】ですが、実に見応えありましたよ!
国内ばかりではなく、外国からの参加作品が多いのも魅力です。
本当に、一部しか見られなかったのが残念!
次回は三年後、その時は事前調査をしっかりとして来ます。




☆余談ですが、
 この後は、すぐ近くの《芝峠温泉》で汗を流し、夕食を食べ、
 じょんのびしましたとさ!
 ここの露天風呂が最高なんですよー! 遮蔽物が無いので、
 夕暮れせまる山並みが、目の前に広がっているんです。
 
2009.08.31 Monday

【大地の芸術祭】を見てきました!

六年前から気になっていて、一度行って見たいと思っていた、
新潟県の十日町市や津南町で開催されている、三年に一度の、
【大地の芸術祭】(越後妻有アートトリエンナーレ)
を見に行って来ました
 !

一応、事前調査らしき事はして行ったのですが、
何しろ、広すぎて、道順もよく分からない状態だったから、
まずは、一番知っている《松代エリア》へ!
すでに満車に近い駐車場の片隅に車を置き、
駅裏にある《農舞台》という施設へ!
館内で、“越後妻有アートマップ”を購入!  100円也!
そして、思わず購入してしまったのが,《これ!》



どうやらこれも展示作品らしい!
《エントリー癲147 つまり笠》と題してありました。
一個1200円也!
世詩絵は、農作業の日傘に使う予定! すごく涼しい!
そして、他に目に付いたのがこれ!



《エントリー157  ツマリ・コメ》
妻有にひっかけて、“つまりこれは米ですよ”っていう意味かな?
米粒の形の容器に、お米が入っているようです。
音がたぶん・・・・・

設置してあったパソコンで、作品紹介を見ていたら、
気になる写真が目に留まりました。
十日町エリアの
《エントリー47 雪ノウチ》です。
早速、そこへ行く事にして、まずは腹ごしらえを!
ところが、食堂の混雑は想像したとおりの窮屈さ!
足も伸ばせない状態で、《冷やし中華》を味わう余裕もなく食べ尽くし、一路十日町市へと向かい、まずは駅へ!
案内の方に道順を聞いたのに、目的地に行き着かない!
諦めかけたとき、案内標識が見えて、何とか現地へ!
細い路地を抜けて、目に飛び込んで来た光景がこれなんです!





なんという事でしょう!
真夏に雪が、降って来たと錯覚を起こさせるような、
幻想的な景色が、目の前に広がっていました!
“わぁっ、きれい”って、しばし見とれてしまいました。

制作者は、“昭和女子大學生活環境科杉浦久子研究室”
とありました。
2003,2006年と今回で三回目の参加になるそうですが、
毎回、テーマは“雪”を意識した作品を出展しているそうです。
材質は、選挙ポスター屋外用の紙を使用して、
一つのパーツを24枚繋げ、
雪の結晶のようなくす玉を3000個作り、
雪が降るように、宙づりしてあるのだそうです。





あれこれ話を聞いている内に、
展示会が終わったら、このくす玉はどうなるのかとお聞きしたら、
大學の文化祭にも展示するのだそうです。
そして、なんと次に出たセリフが、
“もし欲しかったらあげましょうか!”
“ええっー、もらえるんですかー?”
“も・もちろん 欲しいですー!”
と言う経緯が有り、同行の友人と二人で、もらって来ちゃいました! 
これ!         今回の旅の一番のお土産です!



この後は、また松代に戻り、展示作品を見て廻りました。
ほんの一部しか見れませんでしたが、
見てきた作品のアップは後日です!


【大地の芸術祭 越後妻有2009】の開催期間は、
7月26日〜9月13日までです。
棚田が広がる里山、忘れ去られた廃屋、廃校になった校舎に、
250からの芸術作品を見る事が出来ます
アイデアが、発想がすごく面白いですよー!



2009.08.09 Sunday

夏の夜祭りだよ! 全員集合!

昨日は、 《JAえちご上越・泉支店》主催の
【夏の夜祭り】 というイベントが有りまして、
世詩絵は、当初お手伝いでスタッフの予定だったのですが、
急遽、外せない予定が入り、
来客者その一になって、真夏の夜のお祭り気分を満喫してきました!





午後五時、まだ明るい曇り空の下、
平丸地区の名司会者Tさんの進行で、いよいよオープンです。
マイクを持って生まれて来たような彼氏の名調子は、
今だに衰えず、益々舌好調(ぜっこうちょう)の司会ぶりを発揮してくれました。
集まった500人ほどの善男善女の皆さんは、
夕暮れ時の、少し涼しくなった会場で、
JA職員や関係者が、次々に作る、“焼きそば”“焼き肉”“かき氷”“フランクフルト”“焼き鳥”の屋台に並んでいました。
《ワンコインバー》と名打ったこれらの食べ物は、どれも一皿100円なんです。
もちろん、 ビール・ワンカップ・焼酎などの飲み物も、
100円という超サービス価格!





子供向けのお遊びコーナーも、 “スイカ割り”“金魚すくい”“錦鯉つかみ取りなどがあり、楽しそうな歓声が響いていました。





予想外に来場者が多く、用意した食材が次々と品切れとなり、
追加、追加に、裏方さんが嬉しい悲鳴を上げたとか!(未確認)
女性部が用意した“笹寿司”100パックが、15 分で売り切れたそうですよ。
あまりにもの盛況で、当初予定していた八時からの“大抽選会”を、
七時に繰り上げ、一等の“炊飯器”をはじめ、
支店長賞・支店長代理賞など、当たった方の名前が呼ばれると、
会場内は、拍手と歓声と上がり、
すっかり暗くなった八時前に、初めてのJA祭りは閉会となりました。





★元々、南部地域に住んでいた世詩絵は、
 久しぶりに会う懐かしい顔ぶれに、話が尽きず、
 会場内のイベントをゆっくり楽しむ余裕が無かったです。
 でも、次々にかけられる“久しぶりだね 元気だった?”の挨拶は、
 婦人会やPTAで、わいわい騒いでいた頃を、思い出させてくれて、
 本当に懐かしく嬉しかったです!


2009.07.16 Thursday

久々に【ベンチャーズナンバー】堪能!



【ベンチャーズ】なんてグループは、
若い人たちはほとんど知らないだろうけどねぇ〜!
団塊の世代には、それは懐かしい名前なんですよー!
エレキギターから紡ぎ出される、
《ダイヤモンドヘッド》に代表されるあのリズムは、
忘れ去られた遠い青春の日々を、一瞬で思いださせてくれました!

昨日の夜、【ベンチャーズ】のコンサートに行って来たんです!
まぁっ、主人のお供と言うことだったのですが、
世詩絵も二時間堪能してきました!
さすがに場内は、還暦間近か、少し過ぎたかの紳士熟女ばかり!
舞台の上でのメンバーは、それ以上の年季方々!
そりゃ、そうですよね、
なんてったって今年は、結成50周年ですもん!
結成当時のメンバーは、一人しか残っていないそうですが、
強烈なエレキサウンドは、往年の響きを損なってはいないし、
客席まで降りて来ての、ファンサービスには感心しました。
オリジナルナンバーの《パイプライン》《ブルドック》《キャラバン》
をはじめ、 《京都の恋》《二人の銀座》《雨の御堂筋》など、
当時の日本人の歌手に作曲され、歌われた数々の名曲が、
次々に流れてきて、
しばし時間を遡った想いでした!


だた、一つ残念だった事!
曲と曲との間を繋ぐトークが、片言の日本語を交えた英語なので、
ほとんど意味がわからず、
彼らのジェスチャーで、拍手したり笑ったりでちょっと興ざめ!
つくづく英会話が出来たらよかったなぁ〜って思いましたよ!
同時通訳を入れる予算もないのか、
いちいち日本語に直してのアナウンスは、無粋だったのか!
真意は分かりませんが!








2009.07.12 Sunday

今年も【押し花展示会】が始まりました!

 昨日(11日)から火曜日(14日)まで、
道の駅あらいの《くびきの情報館》で、
【押し花の展示会】が開催されています。
この期間は、生徒作品展なので、
この一年間、各教室で作った、何枚かの額のうち、
各自自慢の一点を飾ってあります。






ちなみに世詩絵はこれ! 
今年の二月に作った、シャボン玉をモチーフにした作品です。
(以前ここで紹介したから記憶にある方も)




★で、先日の教室で作った出来立てほやほやがこれ!
 最初使うつもりだった、“孔雀サボテンの花”が、
 この時期の湿気で痛んでしまい、急遽“芍薬”に変更!
 デザインも最初の構想とは少し違ってしまい、
 満足度が少し足りないけど、
 落ち着いた作品に仕上がりました! まぁっ、合格点かな!





※15日以降は、インストラクターの資格のある、
 先生方の作品展が続きます。
 こちらはプロの、すばらしい《押し花アート》が見られますよ!
 ぜひご覧ください!


 



2009.07.09 Thursday

世詩絵先生誕生!

なんて、大げさなタイトル付けちゃったけどー! 
“先生”なんていわれるほど馬鹿じゃない! 
とは思ってますけど!
人(他人)にものを教えるって、
こんなに大変な事だったと思わなかったよー!
朝からエキサイトしていますが、実は昨日の午後のこと!
妙高市の某小学校で、
生活学習の《チマキ講習会》の先生になってきました。
《わが家の味プロジェクト》の代表で、
《チマキ》なんて先日、
嫌になるほど作ったんだから、
教えるなんて、ちょろいもんだと楽観していたんですが! 
ねぇ〜、こんなに大変だったとは・・・・・・・・・・・・・・
とほほほほっ はぁっー! 







“さぁっ、皆さんまず笹を一枚持ちましょう”
“笹には裏表があるので、チマキはウラを中に三角の筒を作ります”
“こうして手に持って、こうやって巻き、ここにお米を入れます”
“そうそう、上手だねぇ〜”
“うんうん、もう少し大きい方がいいわよー”
“次に、蓋の笹をかぶせ、端をこう折ります”

 
(おおっ、順調じゃん 子供だって上手いもんだなー!  )
(きっと、教え方がいいんだな! )


“そして、このイグサという紐で縛りますね”
“まず、端をこのくらいの長さで縦に置き、しっかり指で押さえて”
“次にこうして輪を作り、そして・・・・・・・・・・あれ? おかしいぞー!”
“あっ、間違えちゃった!!!!!  違う、違う!”
“ごめん、ごめん もう一度初めからやり直して”

      (ひぇっー 格好悪い! )
(どどどっと、冷や汗がわきの下から! 額から! )







これからが、紐のまわし方で大苦戦!
なかなか上手くまわせない!
そりゃ、そうだ!
大人だってそうそう覚えられないところなんだから!
小学生五・六年生では、やっぱり難しいんじゃないのー!
と思ったのもつかの間、
速い子で、二回ほど教えたら、覚えちゃった女子もいて、
後は、覚えた子が他の子に教えて、
一時間あまりの間に、各自四個づづ作り上げてしまいました。
恐れるべし、子供のちから!

   



でも、先生家業は世詩絵には無理!・・・・・・・・・・・・・今日の教訓!




2009.06.29 Monday

【妙高書院展】にて!

この土日は、【妙高書院展】に参加して、
二日間笹だんごと格闘?していました!
二日分を一挙公開!                               だから長いです! 




玄関を入ると、内記先生の活け花が迎えてくれます


《いえあじメンバー》は、早朝七時に笹だんご作りの作業開始し、
十時販売開始という予定に、気ばかり急いて!
一回目の蒸しあがりを持って、世詩絵が会場入り!
所定の場所に、笹だんごの売り場を設置し、



待つこと10分、最初のお客様がお買い上げ二束! 1200円なり! 
おおっ、幸先が良いではないかと、にんまりしていたら、
その後のお客がなかなか来ない! 
むむっ、今日の売れ行きが、ちょっと心配になってきたぞっー!
でも、まだ開店してから一時間しか経ってないんだもん!
大丈夫だよねぇ〜と自分に言い聞かせ、この間に二回の展示会場へ!





ここには、我らが《ねおかんカフェ》が喫茶コーナーをオープン!
今回のメニューは、 《ホットサンド三種と飲み物》を用意!
      (二日とも食べたのに写真取りそびれました・・・・・後の祭り)


他にもたくさんの作品が展示されて、
なかなか見ごたえのある開場風景です! 一部をご紹介!

★アルネ小濁焼き物ゼミ 代表村越洋一さん


このつぼは、村越さんが二日間の期間中に、開場で製作したものです。
八月の初旬に、アルネ小濁で野焼きする予定とか!



★グラスリッツェン  代表村越玲子さん 
  お祝いに届けられた盛り花も色を添えて!


★活け花   代表宮下絹子さん 内記一栄さん
 開場のいたるところに、季節の野草などが涼しげな風情で1




★木と漆の器  代表飯塚直人さん


★展示品ではないのですが、ここでは時間割りで、
 藤本憩山さんの《尺八》演奏もあり、館内に胸の奥に響く音色が
 訪れた人たちの耳を楽しませていました。



さて、一階の《販売・体験コーナー》に戻り、
本業の笹だんご売りに精を出し、無事完売したのが一時半! 
(あはははっ、取り腰苦労しました)
バンザイ三唱で、早々に店じまい!
後は、同室の各店舗を見て回り、あれこれ話しを聞き、
二時半ころには、一足先に開場を後にし、
自宅へ直帰し、明日のエネルギー補給です!
明日も完売目指して、看板おばさんはかんばるゾー!
                 ( がんばって翌日も二時には完売でした)


では、一階のコーナーを少し紹介!

☆草木染・古布のリホォーム



☆紙すき体験




☆内を扇子に絵を描く


☆和布小物手芸



※他にも、さおり織り・陶芸体験名とのコーナーがあり、
  世詩絵は、紙すき体験をしてきました。

  飲食関係も、笹すし・そばだんご・つむぎ弁当・カップケーキ・クレープ
  手作りジャムなどが販売されていました。
  どの店も、ほとんど完売していたようですね!
   やはり、食べ物の魅力はすごい!

◎今回のイベントに参加して、うれしい話が二つありました!

その一つが、世詩絵のブログを見て、カレンダーに印をつけて、
今日楽しみに笹だんごを買いに来ましたと、言ってくれた女性の方にお会いしました。(ブログを見ているのはご主人らしいのですが)
本当にうれしかったですねぇ〜! ありがとうございました。

そして、こういう時に再会する、何人かの同級生に会いました。
旧姓で呼ばれて、振り返ると懐かしい顔が笑っていて、
やっぱり旧姓で呼んでしまう自分がいます。
学生時代のあれこれや恩師の話に、しばし歳を忘れます。
いくつになっても同級生っていいもんですねぇ〜!
ああっ、同級会をやりたいねぇ〜!
誰か幹事をしてください!


Powered by
30days Album
PR