ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.18 Friday

妙高チャンネル!

3・2・1 ・・・・・ハイッ、スタート!

ディレクターの声が響き、
カメラマンさん、音声さん、証明さんがいっせいに動き出し、
レポーターの《三遊亭白鳥師匠》を捉えます!


白鳥さん : さて、今日は妙高市瑞穂地区にある
       ねおかんぱーにゅ南部》にお邪魔しています。
       おや、皆さんが集まって何かしていますね。
       ちょっとお話を聞いてみましょう!
                 何をしているのですか?

よーくん :  今日はみんなで“笹団子”を作っているんですよ。
       白鳥さんも一緒に作りましょう!

白鳥さん : そうですか、おもしろそうですねぇ〜!
                 じゃ、私も教えてもらって作りましょう!
       笹を三枚持って、団子を乗せて・・・・・・・
       スゲで結ぶのがむずかしぃ〜なぁー!


       
なんて感じで収録が始まった訳ですが、
実はこれ、【妙高チャンネル】と言う、
市内向けのテレビ放送の中にある、《わが町の妙高いちばん》と言う
番組の録画風景だったんですねぇ〜!
今回は、ここ瑞穂地区が対象で、“ねおかん”の他に、
“花を育てるグループ”と“鮎正宗酒造”が取材されたそうです。
放映は、七月に入ってからなんですが、残念ながら、
“上越ケープルビジョン”に加入している世帯しか見れないのです。
(ちなみに世詩絵んちも未加入・・・でも妙高市ホームページから見れるはず)




★三遊亭白鳥師匠は、すっかり妙高の顔になってきました!
 気さくで面白い落語家さんですよ!


★白鳥師匠のサインってこんな感じ!
 


★プロが持つ撮影機材の三種
 カメラ・マイク・照明、本物を初めて見ました!
 撮影スタッフって、体力仕事なんだねぇ〜!




テレビカメラがまわっていても、平素と変わりない雰囲気だったので、
         (約一名のお調子者が・・・・誰の事でしょう?・・・・あの人さー)
どんな映像が流れるのか、非常に不安なのですねぇ〜!
でも、たぶん、
ほとんど編集でカットされているはず!
だって一時間掛かった収録が、放映では二、三分なんですって!
使える場面が無かったりして・・・・・・・・・・・・・・そっちの方が心配!


こうご期待!・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんてしないでいいよぉー!



    


       
2010.04.21 Wednesday

さようなら 新井南中学校!

今年の四月で、廃校になった【新井南中学校】です。
過疎化の波と、それに伴う生徒の減少で、
時代の渦に巻き込まれ、その終りを迎えました。
古びた鉄筋三階建ての校舎は、寂しげに佇んでいます。






そして、
校庭の八本の桜は、
今年も変わりなく、満開の花を咲かせ、
生徒たちの喧騒が聞こえない、
静まり返ったグランドを見下ろしていました。
人の世の何が変わろうと、
自然は、
時間を刻み、季節を巡らせてくれるのですね。







※この中学校は、主人や子供たちの母校であり、
 世詩絵も、PTA会員・役員として、
 四年間親しんだ校舎です。
 入学式・卒業式・文化祭・運動会・三者面談・教養部会等で、
 幾度となく出入りした思い出が、
 本当に懐かしく、楽しくよみがえってきます。


 
“さようなら 新井南中学校!”

  “沢山の思い出をありがとう!”
 


 
2010.04.14 Wednesday

妙高山の【はね馬】その二!

 昨日は、

雨上がりのせいか、

妙高山がすっきりと顔を出していて、

【はね馬】も、

こんなにはっきりと分かりました。





自然のなせる業とはいえ、

本当に、

馬が跳ね上がった形に見えるでしょう?

不思議な眺めですねぇ〜!

そして、

頚城平野も、いよいよ《桜》が咲き始め、

いたるところで、

薄桃色の色彩が、目に留まる季節になりました!



でも、でも、

春らしくない寒気に、

のびのびと背伸びも出来ないこの頃です!

2010.04.10 Saturday

【はね馬】がくっきりと!

妙高山の雪形【はね馬】が、くっきりとわかる季節になりました。
この地域のこの時期の、一番の風物詩ですね。
晴れてお山が見える時には、
妙高山の見える場所では、必ず探してしまいます。

この写真では、今一はっきりしませんが、
肉眼だとすぐ分かります。
まだ真っ白な山肌の中、雪解けした場所が、
丁度、馬が跳ね上がった形に見えるんです。




★【はね馬】が見えるようになったら、春耕の始まりです。
 今日、畑を耕運してもらいました。
 まず最初に作付けは、《ジャガイモ》です。
 種芋の芽だし完了、肥料の準備よし!
 なのに、明日は雨らしい!
  桜の開花宣言も出て、
  経塚山の観桜会もあるのにねぇ〜!

2010.01.27 Wednesday

寒の雪山百景!

真っ青な空の下に、

真っ白な雪山を見ると、
 
何者をも寄せ付けない“稟”とした、

神々しさを感じます!

冬に“雪”の有る生活は、

この地方では当たり前の風景ですが、

雪景色は、

八百万の顔を持つ神々のようです。

厳しさ・優しさ・優美さ・哀愁さと、

どの顔も本性なんでしようね!



★妙高山方面





★鮫ケ尾城方面



★米山方面




生憎と、わが家では東側の“板倉方面”が見えません。

毎年の事ながら、

こんなにお天気の良い日は、

周りの雪山を見て、シャッターを押したくなりますね。


2010.01.16 Saturday

妙高市に大雪警戒本部設置!

大雪情報の記事が続きすが、あしからず!

昨日、ついに妙高市にも【大雪警戒本部】が設置され、
電車・バス・高速道路が、一日中マヒしていました。
豪雪には慣れているはずの、雪国の住民ですが、
降り続く雪、みるみる積もる雪を見ていると、
心細くなってきますよー!
降り止まぬ雪の襲来には、打つ手が無く、
屋根に積もった雪を下ろし、
下ろした雪は軒下から離し、
離した雪は川に捨て、
の繰り返し!
家が潰されないようにする、この作業が根気仕事!
肩が痛い !
腰が痛い!
なんて泣き言は言ってられません!



※この窓は二階です
 自然落下の屋根雪は、アッと言う間に高く積み上がります




※今は、家庭用の《ピーター》(雪を撹拌して飛ばす除雪機)
 が有るから、除雪は以前よりずっと楽になりました。


※用水の上には《雪の橋》が掛かります
 積もった雪の高さを見てください。


※この川が絶大な力を発揮します(わが家の裏の用水)
 雪に一番強いのは、なんてったって“水”ですから!




2010.01.14 Thursday

今年は豪雪?

アット言う間に、一晩で50センチの積雪です!
降り方が、すごいです!
今朝玄関から出られませんでした。
主人がピーターで除雪した後ですが、
まずはこれを見てください! 

★今朝除雪車が押し出した雪の山 電線を越えそう!


★屋根の積雪もそろそろやばい!
 母屋は、自然落下だから下ろす必要無いんですが!


★玄関前ですが、
 除雪前に来る、新聞配達の人は本当に大変です


★庭木も雪帽子をすっぽり被り、縮こまっています




★外玄関にある、ゼラニュームの赤い花が唯一の色彩!




 
※雪国に住んでいれば、
 こんな景色は全然珍しくはないんですが、
 去年、暖冬小雪だったから、気持ちが引き締まってません。
 除雪作業がうっとうしいんだけど、
 これ以上積もったら、家に籠もってもいられませんね。
 今日の午後あたり、意を決して、 
 スノーダンプを持ち出しますかー!

   でも、予報では週末は寒気が通り過ぎ、
 この大雪も収まるなんて言ってるんだよねぇ〜!
                          
2010.01.11 Monday

さすが平丸 山ん中!

今日は、久しぶりの良いお天気でした!
この季節の太陽は、値千金ですね。
真っ青な空と、真っ白な地上のコントラストが、
凛とした空気の中で二重奏です!
落葉樹と針葉樹が、短い冬の日だまりに、
濃淡の影を落としています!


★平丸街道の大曲より見える 《妙高連峰》






今日の午前、 
平丸の収納小屋の、【雪下ろし】に行ってきました!
と言っても作業するのは主人だけ!
世詩絵は車の中で、主人の安全を見守るのが仕事!
(雪下ろし中の転落死亡事故って多いんですよ)
小さな小屋なので、作業時間は小一時間で終わり!

さすがに、中山間地域です。
積雪は、一メートル以上有りそうです。
世詩絵の自宅が有るところの、倍はありそうでした。
年末年始の降雪と、その後の雨で、
雪が相当重くなっています。
すでに、今冬二回は屋根の雪下ろしをしたとのこと!

以前住んでいた頃、
豪雪の年には、一冬に五・六回は、
屋根の雪下ろしをした事が有りました。
あの苦労が懐かしく思い出されます。
今は、なんて楽な冬を過ごしているんでしょうねぇ〜!






2009.11.12 Thursday

今、里は紅葉が本盛り!

雨も止んで、
午後には薄明かりが挿して来ました。
雲の多い空の下、
里の紅葉が見頃です。

落葉しないうちにと、例の《さくら並木》の写真を撮りに!
春の、お花見の頃のさくらも、
絢爛でいいですが、
秋の、錦に染まったさくらも、
風流ですよねぇ〜!



すぐ側の《大ケヤキ》も色づいて、
茶色の帽子に変わりました!
少しは落葉したのでしょうか、
だいぶ禿げて?きましたねぇ〜!
kaboさん曰く、“カラスの巣”があるとか!
根元の柿が真っ赤に実って、
その朱色も、
秋色の一つですね。



世詩絵の自宅から見える、
《長徳寺の銀杏ともみじ》です。
秋になるとこの色彩に、
いつも目を引かれていたのですが、
ひときわ鮮やかに見える紅と黄の一対が、
里の秋を代表しているようで、
茅葺き屋根の寺社が、
見事にマッチしていて、いつも見とれていました!
(実際はもっともっと鮮やかなですよ)




《里山》も、錦の裾野を伸ばし、
一度は白く雪化粧をしたのですが、
また、
色彩豊かにお色直しをしてくれました。
天辺は、枯れ木も目立って来たけど、
まだまだ、
見られる価値は有りますよ!






おケイさんの定期検診で、
《けいなん総合病院》へ行って、
おじさんの見舞いに五階へ上がり、
市街地の景色をカメラに!


★経塚山公園の桜林も真っ赤です!


★南葉山の方角も、家々の庭木が色づいて!
妙高山が映っていたらもっと綺麗なのに!


★隣りの新井高校は、こんなに変わりました!
世詩絵が在学していた頃の建物は一つも有りません!
(3?年前 当たり前ですが)



晩秋の妙高は、
山の頂は白く、
中腹は、
木岐の幹が浮き出てモノトーン色!
麓の町中は、
銀杏・もみじ・ケヤキ・ ドウダンツツジが紅葉して、
至る所で、錦絵に出会います!



※★☆※★☆※★☆

さて、
明日から世詩絵は東京在住です!
しばらく
この部屋もお休みです!





2009.10.13 Tuesday

お山に雪が!

 



今年も、いよいよきましたねぇ〜!
お山に、白いお使いが!
12日朝の、妙高連峰です。
妙高山の初雪こそ、消えて見えませんでしたが、
火打山と焼山の頂上が真っ白!
紅葉はまだほとんど色づかないけど、
この白い頂を見ると、
秋から冬へのバトンタッチがもうすぐかなって思います。
すでに10月も中旬で、
中秋の風は、
頬に冷たく感じられるようになりました。


★☆※★☆※★☆※★☆※★

昨日は、“海森さんの山荘”にもう一度お邪魔して、
窓からの絶景を、また眺めさせて頂きました。
真っ青な空の中に
悠然とそびえ立つ妙高山は、
やはり凛々しく、
麓の顔とは全然違う表情をしていて、
近寄りがたさを感じますね。



今の季節、やはりススキが一番似合います。
銀色の穂波が
ざわざわと風に弄ばれて
みんな同じ方を見つめています





★★☆※★★☆※★☆※★★



そうそう、このハーブの名前が分かりました!
《チコリ》というそうです。

海森さんの庭にも沢山植えられていて
ここでもこのブルーの花が、
ひときわ清々しく咲いていましたので、
世詩絵も株分けして頂きました!

 

Powered by
30days Album
PR