ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.17 Friday

いよいよ山菜のシーズンです

小雪だった今年の春は、残雪も少なく雪解けも早く、
例年よりずっと、さくらの開花も 早く、
山菜の出も早いだろぅと予測していたのですが、
開けてみれば、例年並みたいですね。

さて、今旬の
【山菜】は、やはり“こごみ”でしょうか?
世詩絵んちの自山も、たくさん出ているのでしょうが、
採りに行ってる時間(主人の)が無く、今だ見にいけません。
(実は世詩絵、一人では山へ行けません・・・・・・なんか怖いんです・・・・ヘビが)
でも、
畑の隅に少し植えて有る山菜が、あれこれ芽を出し始めました!


★山うど


★ぜんまい


★三つ葉


★行者ニンニク


★ゲンブキ


※山菜じゃないけど、畑で取れる今の野菜

★春キャベツ 柔かくって甘いです


★アスパラ 春野菜で一番好きです



山菜は山の恵みです。
自然の力が作ってくれる、命の泉です。
採取するとき、来年のことも考えて、採ってほしいものです。
(山菜は採り方に、注意が必要ですから)
他人の土地へ勝手に入って、根こそぎ採って行く人がいます。
食べる分だけ採るなら、地主だって目を瞑ってますよ!



2009.04.14 Tuesday

春の野草!

満開の桜も、今日の雨で散り始め、葉の新芽が見え始めました。
このところ、桜の開花ばかり気にして、見上げてばかりいましたが、

“私だってこんなにキレイにに咲いているのになぁ〜”
と、足元の野草が、つぶやいているのにうっかりしていましたね!
畑の土手や、花壇の隅に【春の野草】が、誇らしげに咲いています。


★キュウリグサ(胡瓜草)
 今年初めて名前を知りました。勿忘草の野草種だとばっかり !
 揉むとキュウリの匂いがするのね


★タネツケソウ(種付草)
  花は可愛いのに、すごく邪魔な野草!


★ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
  よくよく見ると、品が有る花なんだけどねぇ〜!
   こういう形の花って多いけど、区別がつかなくってねぇ〜!


★ヒメオドリコソウ(姫踊子草)
 
可愛い名前の割りに、ずうずうしいよね
 繁殖力がすごい!アッと言う間に広がっちゃう!


★オランダ耳名草
  こんな名前だったのね!
 ちょっと“ハコベ”と間違えちゃいそうなんだけど!


★オオイヌノフグリ(大犬のふぐり)
 相変わらず可憐な花を咲かせて、目を引きます。
  この水色が大好き!


★ノジスミレ(野地菫)
  スミレって本当に種類が多いから、区別がよくつきませんね。
  これも“ノジスミレ”で良いのかな?


★オニノゲシ(鬼野芥子)
 花だけ見れば、タンポポ↓とそっくり!葉が特徴有るから判るよね。


★タンポポ(蒲公英)
 西洋タンポポですね。花の下のがくのような葉が反り返っていました。


★ふきのとう(蕗の踏)
  
すでに花が咲き終わって、綿毛になっています。



★スズメノカタビラ(雀の帷子)
  何処にでも生えている、雑草中の雑草!



※普段は、一口に雑草と読んで、邪魔にしているけど、
 どんな草もみんなちゃんとした《名前》が有るんだよね
 でも、なかなか覚えられなくって!
 改めて調べて見ると、使われている漢字に納得しゃうわ!
  誰が付けてくれたんでしょうねぇ〜!
 

2009.04.08 Wednesday

【斐田歴史の里】の山野草

昨日につづき、
今日は【斐田歴史の里】 と【鮫ケ尾城址】周辺の、
【山野草】を紹介します。
春もたけなわの山里は、カタクリばかりじゃなく、
色々な山野草が、今は盛りとばかり、競って花を咲かせています。
あちこちのブログと重複しますが、ご容赦願ってご覧あれ!

★コシノコバイモ


★キクザキイチゲ・白と紫




★イワカガミ


★椿


★スミレ・白と紫




★トキワイカリソウ


★山桜


★キブシ


★アオキの実と花




★クロモジ


★タムシバ


★エンレイソウ


★ショウジョウバカマ


★エゾエンゴサク


★つくし


★コシノカンアオイ


※今日も暖かい良い日よりでした。
 この陽気で桜が一気に開花し、街中や公園、河原を
 うす紅色の色彩が彩り始めました。
 春ど真ん中の季節は、ゆったりと流れて行きます。
 

2009.04.03 Friday

【イワウチワ】が咲きました!

 

去年、採取してきた【イワウチワ】の花が、早々に咲いていました。
初めて黒倉林道で見た時、可愛い花だって思って、
おケイさんに写真を見せたら、
“この花なら、坂口の山(世詩絵んちの自山)のあそこにも有るよ!”って言われ、主人とさっそく見に行ったら、
“イワカガミ”の群生しているそばに、確かに有りました。
採って来て、“イワカガミ”のそばに植えて見たら、
しっかり根付き、今年もう花を見せてくれました。
(今朝、主人が初めて気付き、感動の声を上げて居ましたけど)


畑の隅に植え直した《雪割草》は、今頃盛りです。
何色か一緒に植えちゃったから、交配して、ごちゃごゃです。








※今日は、お天気がよさそぅ〜です。
   朝から青空が広がって、まだ真っ白な妙高山も良く見えます。
 久しぶりにお天道様がまぶしいですよー!
 日中はもう少し気温が上がって、暖かくなるかも!
 そしたら、桜も少しはほころぶかな!
 

2009.03.03 Tuesday

いつも二番手ですねぇ〜!

いつも、《ふきのとう》の後に出て来る、
万年二番手の【アサヅキ】も、今年は、早々と伸びて来ていました。
だいぶ前から、畑の一角が青々としていたので、
そろそろ採り頃だろぅと見に行ったら、
すでに伸びすぎのおませさんもいて、こんなに収穫出来ちゃいました。





さて、やっぱり最初のメニューは、 《酢味噌和え》でしょうね。
熱湯に入れたら、強烈な春の香りが漂い出しました。






                   ※★☆※★☆※★☆※★☆※★☆※★☆



★何とかかんとか、あっちこっちクリックしながら、うろうろして、やり直して、
 どうにか、写真が取り込めました。
 でも、まだ今までのように編集が出来ない!
 うぅ〜ん、もどかしぃ〜ぃーなぁ〜!
 とりあえず、今日はこれにて良しとしょう! 
 後は、ぼちぼちといきましょうね!

2008.06.25 Wednesday

私の名前は、【ヨシナ】と申します!



さて皆さん!
私の名前は、俗名では【ヨシナ】って言われています! ニコニコ
正式名称は【ウワバミソウ】って言うらしいですがねぇ〜! ウィンク
そんな名で呼ぶ人はまずいないと思うよ! 
これでもれっきとした《山菜》なんですよー!
自分で言うのもなんだけど、
結構人気者だと思っているんだけどねぇ〜!(どおよ?)
半日陰のちょっとジュクジュクした、湿っぽい場所が好きなんだけど!
性格は意外とあっさりしているんだなぁ〜!
でも、腰が弱いし、根が張れない根性無しが短所かな!


まずは、食べてみてちょうだいね!
山菜特有の、苦味・えぐみ・渋味は全然無いから、
あなたも好きになってくれると確信しているよ!
見つけたら、手で簡単に引っこ抜けますよ!
良く洗って、葉を落とし皮を剥きます。




※レシピその一《シーチキン煮》 
 醤油・酒・みりんのだし汁にシーチキンとヨシナを入れて煮る
 (要は煮物だから、味付けは好みでOK)



※レシピその二《浅漬け》 
 沸騰したお湯に、ヨシナをいれ固めにゆでます(全体が黄緑になる)
 まな板の上で、塩と七味を付けて板ずりして、一晩置いてから食べて!
(要は漬物だから、味付けは好みでOK)
 


※そのほかに、
《油炒め》・・・・・・・・生でも、茹でてもOK! 
《酢味噌和え》・・・・・・生のヨシナを包丁で細かく叩いて、ねばねばしたら、酢味噌で合える
 《ゴマ・胡桃和え》・・・・茹でてから和える


2008.05.19 Monday

【黒倉林道】の花たち(春編)

【黒倉林道】へ入って行くと、ついつい目に付くのが、
《山野草》の花たち!里山でも見られる植物がほとんどなので、
そうたいして珍しくもないのですが、
(都会の方や、ふるさとを離れている方にはちょっと興味大かも)

あのね。でもね。だけどね!・・・・・・・・・・・・・・・・・(勿体ぶらせてごめん)
だって、これだけは、本当に珍しいかもよ!
世詩絵も、聞いてはいたけど、見るの初めてだよー!
崖に、白っぽい点々が見えて、なんだろぅ〜なって見に登ったら、
こんな可憐な花が、風に揺れているじゃないですかー!
あっ、あの花だーと確信したときは、チョー感動もんだったんだからね!
えっ、早く画像見せろって?
まあ、まあっ、あわてなさんな!
葉だけのときは、《イワカガミ》と間違えそうね。

では、本邦初公開の【イワウチワ】の写真です。down



なんて神秘的な姿じゃないですかー!
薄桃色の清清しい姿に、すっかり魅せられてしまいました。
うん、久しぶりに良いものみちゃったなぁ〜って、いい気分で帰って来ました。


※でもって、その他の山野草を一挙掲載!
 (差が有りすぎ====不公平って声は無視)


★タムシバの花・終わりかけていて最後の勇士!


★ムシカリの花と葉・まん丸の葉がすごく可愛かった!


★イワカガミ・こんなに鮮やかな紅色しているのは下界じゃ見れない!


★キブシ・地味だけど風情が有るよね!


★もみじ・まだ目覚めたばかりでちょいと眠い!



※黒倉林道の長沢工区で見かけましたdown

★タニウツギ・田植えのころに咲く花って言われています


★ホウの木の葉・飛騨地方の郷土料理の“ホウバ味噌”を包むあの葉っぱだよ!


これから、【黒倉林道】は色々な山野草が咲き乱れます。
季節季節、違った顔を見せてくれるから、みんなの憩いの場所です。
次回はお弁当を持って、もっとゆっくりとエコしたいですね






2008.05.12 Monday

【山野草展】にて!

昨日、一応『母の日』と言うことで、
お寿司を買いに道の駅に行き、ついでに『ひだなん』の売れ状況を見て、(意外と売れてた)
そしたら、『くびきの情報館』の前に【山野草展】の幟が目に止まって、何気なく覗いたら、
まぁっ、珍しい山野草が沢山出ていて、ついつい足も止めてしまいました。
“見るだけ”のつもりが、やっぱ衝動買いしてしまいました!たらーっ
こんな時だけは、なぜか財布の紐も緩むんだよねぇ〜!\(^^:;)...マアマア
で買ったのがこれ!down

★白花のシラネアオイ



★梅花カラマツ草のピンク八重


※一部寄せ植えした鉢が有って、down
 あっこれ、良いなぁ〜!ほしいなぁ〜!作ろうかなぁ〜!なんてね思ったけどさー!
 (正直真剣に考え中なんだわー!)>ずっと考え中かも!(^^ゞ



買っては来たものの、来年花を咲かせられるか心配!
一応管理の仕方とかは聞いてきたんだけど!
店主曰く、『元々は山で育つ野草なんだから、難しい事ないよ!』だって!・・・・・確かに!
2008.04.25 Friday

山菜採りウォーキング!

今日は、小雨降る中を《わがやの味》のメンバー2人と
平丸の山へ、【山菜採りウォーキング】に行って来ました。
もちろん、世詩絵んちの土地で採取したので、盗掘じゃありませんよー!(念のため)
農道が決壊しているので、車は途中まで、
後は坂道を登ったり、崖を降りたり、
ひたすら歩きなから、あっちこっち見て、
あれこれ詮索と説明を混ぜつつ、草深き昔の農道を目的地へ!
荒れ果てていても、長年通った場所なので、
何処にどんな山菜が出ているかはよーく分かっていますものね!

★山々は木々の新芽で、鉛色の空の中に淡い色彩を描いていました。

コゴミがこんなに大きくなって、収穫の時期は終わってしまいましたね。


うどやゼンマイは丁度良い大きさになって来ていました。
先日写真を載せたので、今回はカット!

タラの芽は出始めたところですが、丁度良い大きさの物がありました。

アニンゴ(ウワミズ桜)は固い蕾ですが、塩漬けを作るには丁度良い時期!
 実(み)はアニンゴ酒になります。 
 
あずき菜は平丸でも出るところが少ない山菜です。クルミ和えが一番かな!

葉わさびが可愛い花を咲かせていました。

あけびの蔓はまだまだ出始めたばかり!
 ちょっと苦いけど酒の肴にいいらしいよ!


コンフリ(山菜じゃ無いけど)は、食べられるって聞いてたけど食べたことはない!


★山菜じゃ無いけど、 エンレイソウが至る所に咲いていました。
 (エンレイソウって色々種類があるのですね)


※他に《ふきのとうの茎》《トリアシ》などを収穫!
 いずれ、レシピは《わがやの味》で公開します。

※雨も止んで、薄日も出て来た頃ねおかんへ戻ったら、
 なんと、なんと、こんなお昼が用意してあったんですよ!
 ねおかんのコックさんのお友達の“よっちゃん”と“Sさん”の手作りメニューです!


ピザ2種・焼きそばのミートソース掛け・ポテトの変わりサラダ

人様から作ってもらった食事は、やっぱりおいしぃ〜よぉー!
満足!満足!ご馳走様でした!
2008.04.20 Sunday

春の山野草は、変わらず可憐です!

今日は、昨日行って来た平丸での、野草や花木の話です!
どんなに荒れ果てていても、春は変わりなく訪れ、
時期になれば可憐な野草は花開くのですね!
今回は【エゾエンゴサク】が特に目を引きました。
こんなに色が違う花を咲かせるなんて、今まで気が付きませんでした!

★エゾエンゴサク(赤紫)


★エゾエンゴサク(薄紫)


★エゾエンゴサク(白)


※こちらではほとんど見かけませんが(たぶん でも知らないのは私だけかも!)
 黄色のものも有るそうですね!

★これはなんという名前でしょうか?(知っている方教えて)
 きれいな黄色で、結構目立っていました。
 

★そしてこれも春にはよく見る花ですが、名前を忘れてしまいました(誰か教えて)
 

★ふきのとうもこんなに生長して、背高のっぽになっていました。
 このふきのとうは、花と葉を取って茎を食べられるのですよ!


まだまだ、これから春が盛りの山間地です。
あちこちに残雪も残っていて、風も冷たかった!
押し倒された枯れ草が、芽を吹き、緑の世界が広がるのは
もう少し後ですね。
木々の新芽が、《春の紅葉》を彩るころに又行きたいです。
 
Powered by
30days Album
PR