ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.18 Wednesday

【お江戸の旅日記】その二!

今日も、今朝から冷たい雨が降っていて、
うっとうしいお天気です。
一雨事に寒くなる、この季節の雨は、
見ているだけで気が重くなります。

さて、昨日の続きです!

巣鴨を後にして、私たち親娘が向かった先は、
本家本元の《原宿》 です!
山手線の原宿駅で降りて、
表参道を青山通りへ向かって、右側を歩いていきます。
(駅裏にある明治神宮にも久しぶりに行きたいけど今日は我慢)



この先にいったい何があるんでしょうねぇ〜!
                                                        (分かったあなたって愛県家)

ケヤキ並木を進み、明治通りを過ぎると、
《表参道ヒルズ》が見えてきて、
その右奧に、この建物が有ります!





そうなんですよー! これが、
我が新潟県のアンテナショップ(各県リンク)
表参道・新潟館ネスパス》
です。
原宿に有ることは知っていたので、
一回は覗いて見たいと、以前から思っていたのです。
新潟県人でも、意外と知らない人多いんです!

中に入ると、
一階は、新潟県の特産品の展示販売コーナー!
ところ狭しと並んでいる商品を見ながら、
やはり目に付くのは、妙高の特産!
でも、有ったのは、《かんずり》と《鮎正宗》の二品! 
なんかちょっとガッカリしてしまいました!
                (だってまだ他にも自慢の一品有るんじゃない?ねぇ〜?)







丁度お昼頃だったので、ここで昼食を取ることに!
地下に、食事処が有るようなので降りてみました。
《新潟食楽園》というお店があり、
席に着いて頼んだメニューはこれ! 

世詩絵が食べた“越後もち豚ハンバーク定食”


娘が食べた“新潟産大豆で作った揚げ出し豆腐定食”


もちろんご飯は、“新潟産コシヒカリ”です!(当然ですが)
美味しかったですよー!
土曜日の昼時間のせいかもしれないけど満席でした。
                        (ちょっと嬉しかったりして)

昼食を終えて、建物の外に出たら、
やっぱり有りました! “笹団子” !(見慣れた光景です)



さて、次に行こうかと歩き出そうとしたら、
建物の前で、数人の小学生たちが法被を着て、
何やら準備を始めたんです。
なんだろぅ〜と、そばに居た先生らしき人にお聞きしたら、
なんと、この小学生たちは、
《新潟県柏崎市立門出小学校》の児童だそうです。
この日は、学校田で自分たちが作った餅米“〆張もち”を、
配る(無料)為に上京したのだそうです。
三・四・六年生八人の子供達は、
街道に集まった人達を前に、
自然農法で作った自分たちの米を、一生懸命宣伝している姿は、
本当にほほえましく、健気でした! (拍手・拍手です)





一番前に(図々しく)並んで、二合の“〆張もち米”を頂き、
(さすがに娘と二人分は申し訳なく、私だけ頂戴しました)
そのまま、青山通りへと歩いて行きました!

実は世詩絵、以前ここに住んでいたんですよー!
かれこれ三十?年前の話ですが!(二年だけ)
当時の表参道は、もっと静かな町並みだったように思います。
あの頃の建物はほとんど無いようで、
想い出の中のいろいろな店も、全く分かりませんでした。
だた、この青山通りから、表参道に入る入口に立っている、
《石灯籠》だけは当時のままでした。
(やっぱ 懐かしいぃ〜ねぇ〜!)



この後は、このまま渋谷駅まで歩き、
また山手線・京浜東北線を乗り継ぎ、
で王子に戻り、以前テレビで紹介されていた、
《扇やの卵焼き》を求めて、
王子稲荷の方へ歩いて行き、
思わず見過ごしてしまいそうな、小さなお店を発見!
でも、中には誰も居ない!
どうしようかと思案していたら、
焼きたての卵焼きを手に、店主が見えて無事購入!
(でも、うっかり世詩絵はここでも写真取り忘れた!  駄目だなぁ〜!)

歩きくたびれて、その後は珍しく昼寝!
やっぱり、私が夕飯の仕度をして、七時に夕食!
この日のメニューは
《シチュー》《野菜炒め》《蒸しキャベツと豚しゃぶサラダ》
《扇やの卵焼き》


三日目は、恒例により、
《平塚亭の団子》を求めて、西ヶ原方面へ散策!
             (の前に巣鴨へ行ったのはご存じの通り)



まずは、平塚神社にお詣りをして、
七五三の時期なので、晴れ姿の親子がいた!
平塚亭で団子と大福を買って出ようとしたら、
店内の壁に、“魚沼産の餅米使用”なんて張り紙が!
思わず、店主のおばさんに話しかけてしまい、
餅米から、何時しか内田康夫先生の話題に移り、
(先日、内田先生にはお会いしたばかりだから なおさらね)
来店者のサイン帳を見せて頂きながら、
おばさんのエピソード話に盛り上がり、
15分ほど、立ち話をしてしまいました。
ここを訪れたのは四回目ですが、益々好きになちゃいました!

ここで引き返して、そのまま王子駅へ!
近くのスーパーで買い物をして帰宅!
後は、二人ともてんでバラバラに時間を過ごし、
(世詩絵は“Drコトーの診療所”を二冊完読)
例によって、
夕食の用意と最後?の晩餐(残り物処分)を頂き
三日目の夜は更けて行きました!

四日目、
娘が出勤していった後、
私は、一人でNHKの朝ドラを見てから、
娘のアパートを後にして、大宮に向かい、
12時半には、無事帰宅しました!
(ホント東京は近くなったよねぇ〜! 昔は六時間半掛かったのになー)



※つまらないお話に、長々お付き合い頂き、
 誠にありがとうございました。
 




 






2009.11.17 Tuesday

今年も【お江戸の旅日記】!

三泊四日の、東京での暮らし?から戻って二日目!
妙高は、昨日までは暖かったようですが、
今朝は、少し寒く雨降りです (山の方は雪になるかも)
炬燵に入っていると、丁度よい心地よさです。

さて、毎年恒例の【お江戸の旅日記】の始まりですよー!
(スヶ゛ー長いとおもう)

朝7時21分の信越線の上りで長野へ、
長野新幹線で、大宮着が10時30分頃、
京浜東北線に乗り換え、王子の娘のアパート着が11時!
大急ぎで米をとぎ(夕食用)、
先に送った荷物を整理し、
迎えに来てくれた千葉の友達と、
王子の駅のホームで待ち合わせ(彼女は改札もせず)、
もう一人の友達が待つ新宿へ!
丁度お昼の混雑の中、行儀よく並んで順番を待ち、
《三尺三寸箸》という変わった名前のお店で“バイキング”!
90分食べ放題なんて大喜びしたのは最初だけね。
一回よそって、一皿食べたらもう満腹! 
でも、 こんだけじゃ勘定負けだもん!
悔しいから、追加はデザートだけをもう一皿!
甘いもんは別腹なんて言うじゃない!
最後のおまんじゅうを詰め込んで、本日のお会計1800円也!
席を変えて、ティータイムとなり、三人のおしゃべりは尽きません!
(もちろん三時のおやつにはケーキをしっかり食べたけど)
六時頃に友達と別れ、娘のアパートへ戻り!
さあっ、これより母親業の開始です! 
今日の夕食は、“ご飯”“お刺身”“豚汁”“大根煮物”“サラダ”“トマトのらっきょ酢漬け”(お袋の味満載)
もちろん、米・野菜は“妙高・世詩絵産”!(当前)
九時に帰宅した娘と、
やっとお腹が空いて来た世詩絵で、
久しぶりの親娘の夕餉のひとときです!
(持つべき者は娘だねぇ〜)

翌朝、カーテンの向こう側から雨だれの音!
わっー、やだなぁ〜! どうする?出かける?
思案していたら、九時頃ちょっと小降りになってきた!
やっぱ出かけようぅ〜!
と言う訳で、向かった先は《都電荒川線》の飛鳥山駅!

                          (お待たせ やっと写真が出てきたねぇ〜!)


四つ目の庚申塚駅で降りて、
着いた場所は《巣鴨地蔵通商店街》!
別名“おばあちゃんの原宿”というあの有名エリア!



歩行者天国になっているので、そぞろ歩きは楽です!
あっちこっち見ながら進むと、丁度真ん中当たりに、
《高岩寺》が有り、
ここにかの有名な《とげ抜き地蔵》が有るんですねぇ〜!





《とげ抜き地蔵》は、すごい人の行列で、お詣り出来なかったので、
脇から失礼して写真だけ撮って来たけど!
罰当たらないかなぁ〜!
本堂には、お賽銭を倍額供えたからいいかなぁ〜?




季節柄、あちこちで小規模な《菊まつり》が開かれていました!





続いて立ち寄ったところが、 《東京六地蔵尊》の一つ、 《慎性寺》!





ところが、その地蔵様は、只今修復中で、
身代わりの地蔵様が祀られておりました!
身代わりと言えども、地蔵様だしねぇ〜!
お賽銭をあげて手を合わせてきましたが!
(御利益半減してない?)



おばさん?の巣鴨地蔵通り探索はこれにてひとまず終了です!

が、

さて世詩絵は、ここで何を買ったでしょう?
実は、あるものに心引かれ、
すごく迷って、迷って、でもこの日は買わず、
次の日、心残りで眠れなかった(訳ないけど)ので、
朝一でまた、巣鴨へ一人で買いに出かけました!

で、購入品がこれ!
《フリースの上着とベスト》
買え換え予定だったけど、
まさか、こんなところでお気に入りが見つかるとは・・・・・
      (値段も庶民的だっからねぇ〜 はいっ大変安うございましたわ!)






あのね、ちょっと内緒の話! (大きい声じゃ言えないんだけど)
一人で飛び出したは良いが、
案の定、降りる駅を間違えちゃって、一つ手前(新庚申駅)で降車! 
あれだけ娘に念を押されたのにねぇ〜! 
もう一度乗り直そうと思ったが、
待てよ、電車の行く方向へ歩いて行けば良いんじゃない?
と安易に思いつき、てくてくと歩き出した!
大きな道路を、不安になりつつ横断し、
きょろきょろ言動不信な世詩絵は、田舎っぺ丸出し!
でも、あの赤い看板が見えたときは、正直ホッとしたねぇ〜!
一駅分運賃が儲かったって思ったけど、
都電は乗り降り自由で160円! なんだってさー! なんだぁ〜!
えっ、始点から終点の
“三ノ輪橋”から“早稲田”まで乗っても、
たった160円って安すぎじゃない! 




さて、ちょっと雑用が立て込んでおりますので、
(主婦が四日も留守にすると大変なんですよー あなた)
続きは明日にします!







2009.10.30 Friday

晩秋の斑尾高原へ!

紅葉が終わって、落葉が始まった【斑尾高原】へ、
友達と二人で行って来ました。
知り合いのペンションへ向かう途中、
偶然にも、そのペンションのマダムに、イヌの散歩中に出会って、
ぽかぽかと暖かい日差しの下、
車を路肩に放り出して、お散歩に同行!
きれいに雑草が刈り取られ、
いつ降雪が有ってもスキーが出来るように、
準備万端整っているゲレンデを、
降りたり、登ったりのミニトレッキング?を30分ほどしたら、
世詩絵は、もうふうふうと荒い息!
やっぱ、体力・脚力無いなぁ〜と再自覚!





ペンションに着いて、美味しいコーヒーを頂き、
話は、共通の例?の話題!
話出したら止まらない、女の長話は世の常!
昼食を取りがてら、場所を《斑尾の湯》へと移動!
途中から参加の二人のマダムを交えて、
ここでも、口は食べる事より話す事に多きを置き、
気が付いたら、三時をまわっている!
ありゃ、お風呂に入れないよー!
では、話は尽きねど、今日のミーティングはこれで終了!
マダム三人が帰った後、
友人と世詩絵は、もちろん湯船に直行!
ああっ、いい湯だなぁ〜! じょんのび! じょんのび!
外へ出たら、暖まった体と心に、
心地よい風が吹き抜けて行きました!

紅葉は見逃しましたが、
落葉した《白樺》の林も、意外と見応えありますよ!
白い幹の乱立も、哀愁を感じますね。






※世詩絵は、今年最期の長期バイトが終わって、ホッとしています。
 後は、冬ごもりの準備をするだけですが、
 その前に、あれとこれと、それからこれもしなきゃあねぇ〜!
  よって、今しばらく、バタバタした日々が続きそうです。
 本人が好きで招いてる事態なので、
 誰にも文句が言えないって、分かっていながらつい愚痴が!
 バカだなぁ〜と思います! ホントに!
  いそがしぃ〜と言うことは、
 元気の証拠と誰かが言ってましたなー!
  そう思う事にしましょうね!
                              

                                   AB 型って・・・・・・・・・・・転換早い?

 
2009.10.24 Saturday

二日目は軽井沢へ!

さて、明けて翌朝!
お天気は、曇り空だけど雨は降らなそぅ〜!
専属運転手のコーちゃんは、まだ元気そうね!
                          (コーちゃんがまだ誰か分からない人っている?)
九時にチェックアウトして、
今日の目的地は、【軽井沢】です!

えっ?
なんで?
何処へ行くの?
何かイベントあったっけ?
なんて、深く考えないでください!
今日の記事は、実にマニアックな内容ですから!
  (軽井沢と聞いてピッピッと来たあなた 正解です・・・・ホントかい!)

鬼怒川温泉を出て、今市市まで戻り、
道程を確認しようと、後部座席の道路マップ(ナビを使えない世代ですから)を取ろうとしたら、
“あれっ? 何処にもない!”
“あっ、旅館の部屋のテーブルの上に忘れた!”
“ああっ、またやっちゃった!”

以後、無口になったコーちゃんと、
車内に流れる1970年代のBGMを聴きながら、
日光宇都宮道路に入り、佐野・足利・桐生・前橋・高崎と通過し、
妙義山が見える頃には、すっかり良いお天気です。
(心は曇り空だったけど・・・・・)



軽井沢に着いたのは、12寺頃!
広々とした道路の両側は、楓の紅葉が実に鮮やか!




目的地が分からず、軽井沢駅で道案内をしてもらい、
着いた場所が《塩沢エリア内》
これぞファンには、絶対一度は訪れたい、
【浅見光彦倶楽部クラブハウス】です!
      (まぁまぁそこの人、そうガッカリしないでよ! 
        ここでやめても良いからね!)

★玄関前の駐車場じゃ無いところに、すっごい高級車が止まっている!
  


★浅見光彦の愛車“初代ソアラ”



実はここも14年ぶりの再訪なんですよー!
なんてったって、世詩絵は年季の入った“アサミスト”ですから!
そして、館内へ!
ああっ、14年前と全然変わってないなぁ〜と感懐深げに、
受付に行くと、
そこにいたステキなお姉様が、
“実は今、内田先生がいらっしゃって居るんですよ!”って
囁くじゃないですかー!
えっ? ええっー? ホントに? マジでー!
思わず、きょろきょろと見回したら、
奧のソファーに、確かに見覚えの有る姿が、居るじゃ有りませんか!
次回の新作の打ち合わせとか!
写真もサインも戴けますよという言葉に、
“ぜひおねがいしまーす”と即答!
しっかりと、記念撮影と購入した著書にサインをもらいましたわよ!
玄関前の高級車は、先生の愛車でした。




※実は、この本は文庫判なんですよ!
 まだ未読だったので、購入したのですけど、
 先生のサインは、四六判か新書判しかもらえないそうなんですが、
 受付の方が聞いてくれたら、先生は、快くサインしてくれたのです。
 ああっ、なんて優しいお方なんでしょうねぇ〜! 

こんな幸運に恵まれるなんて、
世詩絵感激!とテンションは上がるばかり!
その様子をニヤニヤ笑いながら見ているコーちゃんは、
                          (機嫌は直ったようです)
パズルに夢中でしたが!
先日テレビで、浅見光彦の特集番組を見たらしい!
                  (それで来る気になったのですが) 
今期は、連続ドラマも始まったしね!
             (なんか急にアサミストが増えたような気が・・・・・・・・・・・・気のせい?)



興奮が少し冷めてから、改めて館内を見学!
ハウス内はこんな雰囲気です!















実は浅見光彦が住んで居る(とされている)街(北区・滝野川)には、
娘のアパートもあるんですよー!(以前にも紹介したっけね)
いまでは、娘の方がアサミスト度が高いので、
ここに彼女が居たら、すごく喜んだろぅ〜なぁ〜と実に残念に思いました。


さて、クラブハウスを後にして、
次に向かった先が、【TeaSaion 軽井沢の芽衣】です!
内田先生と奥様でファンタジー作家早坂真紀先生のティーサロンです。
軽井沢の木立の中に、静かに佇むサロンです。
店の裏側には、“妖精の棲む森”と言う、散策路が有ります。







ちょっと遅いランチをここで頂くことにして、
オーダーしたものは、“ドライカレーとホワイトソースライス”です
これが実に美味しく、いつまでも余韻の残る味でした。



しばし、くつろぎの一時を過ごした後、
隣接されている【浅見光彦の家】を訪問!
と言っても中には入れませんので、外から眺めるだけでしたが!
ここは、浅見光彦ファンクラブの為の宿泊施設です。
ログハウス調の外見は、落ち着いた雰囲気で、
ぜひ泊まって見たいなぁ〜と思わせる建物でしたよ!






何時しか、秋の日差しは西に傾き、
吹く風に冷たさを感して、名残りを残しながら
コーちゃんと世詩絵は、車中の人となりました。
後は、上新道自動車道を走り、妙高に着いたのは五時半頃!

疲れた体にむち打って?パソコンに向かった自分に拍手!
想い出巡りの道中記、これにておしまい!





(コーちゃんの正体を知りたい人、個人的にメールください)

                 いないかー!

                                 いないよなぁ〜!








2009.10.23 Friday

日光東照宮参拝!

善男善女の、“コーちゃんと世詩絵” は、
     (えっ?コーちゃんって誰かって? それは、その・・・・・そのうち分かるって!)
秋雨のしとしと降る早朝、日光に向けて出発です。
三十二年前の道程を辿る為、R292を通り信州路へ!
濃霧で前方が霞んで見える、志賀高原ルートへ入り、



白根山山頂付近を通り過ぎたら、とたんに快晴の青空が!
でも、外気は3度と表示されて、外に出たら震えてしまった!





万座・草津温泉の紅葉を楽しみながら、沼田市へ!
以前、家族旅行で訪れた、老神温泉や吹き割りの滝を横目に、
しばらく行くと、突然前方に工事途中の橋脚がにょきっと!
な・なんだぁ〜これは?
あっ、そうだ!
これが今話題の、《八ツ場ダム》の関係工事現場なんだー!





えっ?
工事が中止になったら、これはこのまま?
走りながら周りを見れば、あちこちに工事現場が!
むむむっ、この後どうなるんだろぅ〜と・・・・・・・勿体ないなー!



突然前方に、男体山の雄姿が見え、
続いて、戦場ヶ原が両脇に広がって来た!



車窓の景色は、紅葉の色合いが濃くなって来て、
《中禅寺湖》についた頃には、すでに五時間が過ぎている!



降りてみたが、ここで苦渋の決断!
《華厳の滝》を見に行ったら、日光に着くのが遅くりそう!
陽の短いこの季節! 五時には薄暗くなるんだよなー!
仕方ない、今回滝はパス! (勇気がいったよー残念だよー!)
かの有名な《いろは坂》の、ヘアピンカーブを幾重に曲がり、



【日光東照宮】に着いたのは、一時半!
気は急くが、腹ごしらえはやはり必要だろぅ〜!
ソバとラーメンで簡単に済ませ、
さぁっ、東照宮参拝へいざ!



さすが世界遺産、平日でもすごく混んでいるねぇ〜!
聞こえてくる会話は、国際色豊な多国語!

そして、以下の写真は、皆さんご存じの場所ばかり!
今さら説明も要らないでしょうが!

※日光東照宮

★五重塔


確かに、五階の桟だけ放射状!


★三猿(八枚の絵は人間の一生を表しているとか)


★逆さ模様(こういう言い方が正しいのか分かりませんが)
 四本の柱のうち、一本だけ模様が逆です




★陽明門


★拝殿


★鳴竜(手を叩くと鈴が鳴るような音の余韻がきこえます)
 ここだけ中は撮影禁止


★眠り猫(名工 左甚五郎作)


★家康公の御墓所(207の石段をの登るのはキツイ)


※日光三輪王寺



※二荒山神社







※家光廟




やっぱり亀だよねぇ〜! 特に説明無し!

このもみじがひときわ鮮やか!



写真も撮り飽きて、最後は適当です! (家康様すいません)
約二時間の参拝時間は、長いのか短いのか分かりませんが、
32年前には、見られなかったところが沢山有り、
本当に有意義な拝観となりました。
東照宮は《二社一寺》なので、お詣りの仕方も違うから、
うっかり間違えそうですが、拝殿にはちゃんと説明が有ります。
線香と数珠のお土産を買い、日光東照宮を後にしました。

日光街道の杉並木の脇を平行に走り、
今晩の泊まりは、《鬼怒川温泉》です。
二日前にやっと予約が取れた宿に着いたのは、丁度五時!
大きなホテルじゃないから施設は質素ですが、
料理の旨さが評判の宿です。
ええっ、口コミ情報通りの美味しさでしたよ!
食材から吟味された、すべて手づくりの料理は、
食べきれない量でね!
     (でもすべて頂きましたが!そんな残すなんて罪な事できませんよねぇ〜)

そして満腹のお腹を抱えて、夜は更けていきました!
おやすみなさい!


☆帰宅そうそう、記憶が鮮明なうちにと、早速PCに向かい、
 文字をうちだしましたが、少々お疲れモードと、
  文章の長さと写真の多さに時間が足りない!
 チョー面白くない記事になって、申し訳ないです!
 長すぎて、途中で見るのをやめちゃった人が居るかも!

                       (とりあえず、世詩絵の自己満足でごめんなさい!)
 





2009.05.08 Friday

日帰りバスツアーへ!

E新聞店の、 購読者謝恩日帰りバスツアー】に参加してきました!
(世詩絵んちは、E新聞店のエリア外なので、実は・・・・・・・・ びっー! それ以上は他言無用)

今回の目的地は、栃木県の【あしかがフラワーパークとのこと!
この時期は《藤の花》がね、すっばらしいんだって!
でもさ、藤の名所なんて、結構何処にでもあるし、
山へ行けば、藤の花なんて、何処ででも見れるんじゃない!
なんてね、高く食っていったんですが、
あれっ、まぁっ、おったまげましたねぇ〜!すごいのなんのって!
人の多さに!(GW終わったのに)・・・・・・・・じゃなくって
入園料の高さに(大人1500円)・・・・・・・・・・・・・・じゃなくって
もちろん《藤の花のキレイさ》に決まってるでしょうがー!

東京ドーム7個分の広さに、
樹齢130年以上の大藤を中心に数百種の花が、
園内の至る所に咲き乱れているのですって! (確認してないけど)
確かに、たかが《藤》なんて言えないほどすばらしかったですよー!
まずは、その圧巻を垣間見せますね。

★紫の一重
 この藤棚を管理する裏方に感謝! 幹の太さを測ってみたいね






★白藤
 この清楚な白色が、天女の羽衣のようです





★黄藤(キングサリとも言うらしい)
 珍しい黄色の藤を初めて知りました。思わず土産に一鉢! (もち衝動買い)






★八重藤
 なんてったって、世界的にも珍しい品種とか!
  すごい重量感を感じます。
 散って落ちた花が、地面に咲いているようです。
 これぞ《逆さ藤(富士)》なんて隣の方が言ってましたけど! (世詩絵も納得)




広すぎて、目移りして、歩きくたびれて、
半分くらいしか見て回れなかったけど、
良いものを見て来たよっていえますねぇ〜!
花好きには、たまらない施設ですよー!
珍しい花がたくさん咲いていて、とっても楽しかったです
ここでは、他にお土産二つ購入!

※石楠花の朱色・・・・・・・園内に咲いていた色がすばらしかったからつい!


※最中・・・・・・・名物って言われてやっぱりついねぇ〜!



二時間あまり散策を楽しんで、次に向かった先が、
【ラーメン佐野一番】という、早く言えばラーメン製造工場・店舗!


こんな遠くまで来て、何でラーメン屋へ行くの?
たった二箇所しかない観光スポットの一つがラーメン屋かい!
なんて心中ちょっと不満だった訳よ!
無知な世詩絵は知らなかったのですが、
なんですか、《佐野ラーメン》って、全国的にも有名なんだってね。
団体無料試食コーナーで、ちょっと味見! (食べ終わった後で気が付いた写真)



まあまあの味かな! (うまいっ、って絶賛するほど?・・・・・生意気言ってごめん)
でも、しっかりお土産買い込んできましたが! (オイオイ)



ここを出れば後は、帰路につくばかり!
すでに時刻は三時過ぎ、日が長くなってきたから、まだ明るいけど、
ここからだと、帰宅するまでに後四時間はかかるはず!
北関東自動車道〜上信越自動車道に入り、横川SAで、
予約しておいた《峠の釜飯》を受け取り、



小布施PAで最後のトイレ駐車!
そのトイレの床に一匹の《蛾》が! こんなきれいな蛾なんて見たこと無い!
透き通るような水色をしてるんだけど、名前って何?
               (トイレの床の写真撮ってる私の姿って・・・・・・・・・笑える)



その売店でこんなもの見つけちゃいました!
なんと、 《お犬様のお弁当》ですって! 
わおっー、ここまで来たかぁーって、思わず感心してパチリ!
                                (人間も食べれそうだけど・・・・・・・・・・ダメ?)



降りそうで、時々雨粒も落ちて来たけど、傘の世話にもならず、
無事にE新聞店に帰着! 
お土産の荷物取り出して即解散!


そして、また世詩絵のおっちょこちょいが炸裂!
車の鍵が無い! 無い! 無い!
朝の事を思い返してみれば、なんと
事務所の机の上に置きっぱなしでした!
あんたは、今日一日一人でここにいたんだねぇ〜!
お利口さんだったわねぇ〜!

なんて話は、内緒のな・い・し・ょ! シぃー!









2009.05.02 Saturday

例によって例のごとく【黒倉林道】にて!

雪が消えて、春になると、
“今年は何時行けるんだろぅ〜な”と気に掛かる場所!
もう、そろそろいいだろぅ〜と、今年初の【黒倉林道】へ!
麓は、まだ芽吹きの時期で、
山々はまだ生まれたての春色でした。



林道に入って、目に付くのが《こぶし》や《マンサクの花》ばかり!
処どころに残る残雪の白さが、ここはまだ春の始まりだと思わせます。



手前の車窓から見た【ぶな林】は、まだ禿山のようです。
ブナは、まだ硬い芽で、空が透けて見えました。







ブナ林を通り過ぎ、妙高山を左手に見ながら、
もう少し先に進んで行きましたら、
案の定、行く手は雪崩で行き止まりになっていました。
工事の終点は、まだだいぶ先です。
諦めて、今日はここまでで引き返しでした。




※寸分道から、平丸に抜ける途中に見える【妙高山】です
  山頂の白い雪と、手前の里山の芽吹きが、
 一枚の絵のようで、大好きな景色です。
 この季節の一時しか見る事の出来ない絵です。

2009.04.28 Tuesday

ドライブ日和?じゃない!

 先日の日曜日の事! 
甥っ子の運転で、久しぶりに【ドライブ】に出かけました!
(高速1000円均一がやっぱ魅力)
小雨降る中、車の向かった先は長野県! (目的地はおいおい)
まずは、中郷インターから“上信越自動車道”に入り、
新緑が始まった妙高山麓をわき目に、長野へ入ってしばらくすると、
なんと、高速道路の右側には、満開の《桜並木》が延々と続いている



“小布施PA”で一休みし、
思いがけないお花見にちょっといい気分を味わい、
豊科で高速を降り、今日の目的地《伊那市》へと向かいました。
最初に寄ったところは、隣の町
 《池田町のハーブセンター》





ハウスの中には、沢山のハーブが植えられており、
ハーブ独特の匂いも漂って、巡る順路で立ち止まる事ばかり!
(ここで見たハーブの写真は後日アップします)
隣の直売店で、“しいたけ”が安かったので思わず衝動買い!

車に戻り、少し早いが昼食の予定場所へ!
着いたところが、 
《庭園そば処みさと》 (入り口にも玄関にも看板が無い?)
古民家を改装した、隠れ家的なたたずまいのお蕎麦屋さん!
見損なったけど、お庭がすばらしいらしい!







お腹も満足したところで、いよいよ今日の本命の場所へ!
カーナビの案内で、車を走らせる事一時間!
手作りらしい看板を頼りに、臨時駐車場へ車を止め、
100mほど先の前方が“どピンク”に染まっている!
ここが、期間限定の
《小沢花の会・伊那の芝桜》の名所です。





休耕田に芝桜を、ピンクを基に白と紫を配置し、
中心に有る“花富士”が、ひときわ目を引く!
25日オープンしたばかりなので、まだ咲きそろっていないから、
せっかくの花富士も、鮮やかさに欠けてしまったけれど、
見ごたえは十分ありました。
休憩小屋で、お茶を戴きながら、一面に広がる春色にうっとり!
以外に美味しかった“お饅頭”をお土産に購入!

さて、帰路の途中に、 《野沢菜工場》へ寄り、
買い求めたのは《野沢菜漬け》 (主人しか食べない)と、
なぜか《高野豆腐》! (世詩絵が好きなんだよ)







降ったり止んだりの、そう困った空模様じゃなかったけど、
ドライブ日和とまでは言いがたかった一日、
でもね、見知らぬ土地の、初めての景色は、
心の洗濯には最高の洗剤ですよ。
甥っ子に感謝!感謝!です。


2009.04.02 Thursday

わっーい、イチゴ狩り!

 二年ぶりに【イチゴ狩り】に行って来ました!
世詩絵が行くところは、長野県小布施の方なんです。
自宅から車で一時間半くらいかがるので、
世詩絵の運転技術では、少し遠方ですが、
ここしか【イチゴ狩り】の出来るところを知らないんです。
何てったって、イチゴ大好き人間なので、
無理したって、行く気になるんですねぇ〜!

(必ずどこかで迷うけど・・・・・・・・・・・・・・・・・方向音痴はここでも発揮!)


午前中は、天気予報がはずれて、非常に良い天気でした。
(やっぱ晴れ女だなぁ〜! 先日の旅行しかり・・・えっ、世詩絵のせいじゃ無いって?)

受付を済ませ、ぶらぶら歩く事にして、
女三人は、市道のど真ん中を横一列に、(たまに来る車を尻目に)
きょろきょろ左右のりんご園を見ながら、歩くこと20分!
着いた大きなハウスがこれ! すごく大きい!



中はとっても暖かいから、コートを脱いで、
ミルクの入ったカップを貰い、イチゴの列にいざ突進!
ここの施設は、イチゴを採る位置が、丁度腰くらいなので、
とっても採りやすく楽なんです。







最初の一粒は、大きい物を物色して、一口で食べちゃいます!
続けて、手当たり次第に、十粒くらいはあっという間に口の中へ!
少し満足した頃、大きな完熟イチゴを探して食べますが、
意外と、葉の影になって取り残された物が美味しいですねぇ〜!
一回の入園料が1200円です。
時間制限が無いので、慌てて食べる必要は無いのに、
食意地が張っているから、次々食べちゃって、
30分も過ぎれば、へたの数も50 個くらいになって、
もう食べれませんとギブアップ!
お土産用も自分で採れるので、パックを貰い、またイチゴの列へ!
パックに詰めながら、時々口の中へも入っちゃうんだから、
世詩絵の胃袋恐るべし!


“行きがけの駄賃”に最期の一粒を口に放り込み、
ハウスを後にし、駐車場が有る直売所で野菜を買い込み、
いつものコースで、“あけびの湯”でひとっ風呂浴び、
フラワーセンターで“ミニバラ”と“オダマキ”を買って、
雨が降ってきたR18号線を走って無事帰り着きました。

★あまにも、きれいな色だったので衝動買いしたオダマキ!



 このミニバラは、“押し花用”です。
 花を取った後は、一応畑の隅に植えます。
 が、育てられる自信無し!


2009.03.23 Monday

奄美・鹿児島 花の章!

 ああっ〜あ!
又やっちゃった!
何って?
今朝一番に、下書きした文章と写真が消えてる!
つづきを書こうと思ったら、何処にも残ってない!
いったい、ぜんたい、どうなってるのー!
世詩絵が、使い方分からないのが原因なんだって、
分かってるけどさぁ〜!
もう、嫌になっちゃうなぁ〜!


★☆★☆★☆★☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてっと、気を取り直して、もう一度書き込むかぁー!

今回の旅行で、
楽しみの一つが【南国の花たち】に出会える事でした。
見た事の無い花!
鉢植えじゃないと見れない花!
もう咲いている花!
色々有りましたが、まずは名前の分かった植物です。
流し撮りしたピンボケの写真もありますが、悪しからず!



★ブーゲンビレアがこんなに大きな木になっているんです







★ハイビスカス


★ルリハコベ(雑草とは思えないほど鮮やかな色)

★ナスタアチウム


★ムラサキカタバミ


★アマミノジギク


★ランタナ


★シャリンバイ(大島紬の染料)

★桜島大根


★トックリヤシの花


★ソテツの実


★ソテツの種(三年たたないと芽が出ない)

★ビロード

★パパイヤの実


★朝顔

★野スミレ


※そして名前の分からない花たち








※この他にも、写真を取り忘れた花や、
 車窓から見た、沢山の花が咲いていました。
 “デイゴ(琉球花)”“ストレチア(極楽鳥花)”“サンダンカ”
 “キバナカタバミ”“アブチロン”“君子欄”
 などが、路地に一年中植えっぱなしでも、
 毎年花を咲かせると聞いて、
 やっぱり暖かいんだなぁ〜と、改めて感心しました。
 残念だったのは“桜”(ソメイヨシノ)が、奄美では散っていて、
 鹿児島では、これから満開を迎えるところでした。
 山桜は、鹿児島では今が見頃でしたが!
 南国でのお花見は、次回(あるのかな?)におあずけでした。
 


Powered by
30days Album
PR