ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.03 Saturday

【斐太歴史の里】がオープン!

明日は、いよいよ【斐太歴史の里】が今年の活動を開始します。
kaboさん のブログで紹介されますので、皆様ご観覧あれ!
昨日は、オープン準備で施設にいると言うので、
ちょっとお伺いしてきました。
   (本当の目的は・・・・・・・・・えっーとあの・・・・・・kaboさんに聞いて)

まだまだ至るところに、残雪の白さがめだちますが!







エメラルドグリーンの湖水は、
今年も釣り人たちで賑わうのでしょうね!



鮫ケ尾城跡に行くには、長靴が必要だそうです。




それでも、
日当たりの良い場所では、 《カタクリ》が芽を出して、
花もだいぶ咲いていましたよ!
幻の白花も、管理等右側に数本見られます。
あたり一面が、ピンクの絨毯に覆われるのもじきですね!





一年坊主も、沢山芽を出していましたが、
この芽が花を咲かせるのは、なんと7年も先なんですって!





もう少し暖かくなってくれるといいんですが、
なんだか肌寒い日が続いて、春らしい陽気になりません。
ふもとの桜並木も、こんな感じで寂しい限りです。




 

 
2010.03.15 Monday

いよいよオープン【大滝荘】!

深い雪の中で、静かに冬眠していた【大滝荘】が、
春の足音を聞いて目覚めたようですよ!
いよいよ今年の活動開始ですね!

昨日は、
主人とちょっとご機嫌伺いに行ってきました!
館内が、少しリニューアルされていて、
二階のトイレと厨房などが、改装されていました。





ここは、妙高市上小沢地区にある日帰り温泉です。
露天風呂もサウナも無い、
本当に、
小さい施設ですが、
とっても落ち着くんですねぇ〜!
ちょっと隠れ家的な、
誰にも邪魔されない空間ですよ!

そして、
ここを訪れるもう一つの理由がこれ!
手打ちの、本格的なお蕎麦が食べれるんです。
蕎麦はあまり好きじゃ無い世詩絵も、
ここに来ると、いつも注文するのがこの《大滝御膳》!
ここの蕎麦なら、お金を出してもいいかなぁ〜ってね!



蕎麦好きの彼は、何処に行っても蕎麦しか食べませんが!
たいていは、“もり蕎麦”か“ざる蕎麦”ですね!
でも今回は、この《天ぷら蕎麦》を注文!





周りの積雪は、
まだ一メートルくらいありますが、
雪が消えた路肩には、
《ふきのとう》も顔を出して、
谷底の川も水量が増え、
山里にも春の匂いがしてきて、
あと少し経てば、
《マンサク》の花も咲き出すでしょうね!


2010.02.15 Monday

【ほっとランド】!

去年の暮れ頃から、利用頻度の高い施設が、
【ほっとランド】という 《温浴施設》です。







まぁっ、日帰り温泉と高級銭湯を足したようなところです。
妙高市の公共施設の一つですが、
隣接している《新井頚南クリーンセンター》の余熱を利用して、
お風呂を沸かしているので、
利用料《入館料400円》が安いんです。
まぁっそれが、利用理由のひとつですが!
(なんてったってその日暮らしですもん・・・・・・・・・・只今無収入の身)
そして、市内にあるので、
降雪時でも、安心して行ける立地条件の良さも不可欠!
大広間の休憩室ももちろんあるのですが、
世詩絵は、大抵《個室》を利用させてもらってます。



何人で入室しても、一時間300円》で利用出来ますし、
この施設は、館内に飲食を提供してくれるところがないので、
《食べ物の持ち込み自由》というところが、
お気に入りの一つでもある訳で、上記の理由で、
貧乏の身には、いたって経済的なんですよ!
(家に有る物持っていけるもんね・・・ケチとは違うから・・・これもエコ)
平日の昼間に、時間だけはたっぷりとある、
気のあった仲間でわいわいと、
お喋りしたり、食べたり、飲んだり出来る場所って、
なかなか無いんですよねぇ〜!
     (畳の部屋で お風呂に入って 昼寝も出来て  最高じゃんね!)



※でも、一つ気になる点が!
 冬季間なのに、自動販売機に《ホット》が無い!
      (無料の給湯施設があってお茶は飲めるけど)
 コーヒー党の世詩絵は、熱いコーヒーが飲みたい訳ね!
 市長さん、コーヒーメーカー設置してください!(切望)




2009.10.08 Thursday

【越後上越天地人博】にて!

新潟の、今年一番の話題は何てったって【天地人ブーム】でしょう 
NHKの大河ドラマが、【天地人】に決まった時から、
このフィーバーは想像出来たんですが、
思っていた以上の話題を集め、
全国からゆかりの地を巡る、観光客が来県して、
春から県外發亮家用車や観光バスが本当に多かったですね。
公共電波の影響の大きさを、目の当たりにしました。
視聴率も高かったようで、地元民として嬉しい一年でした。
放映も後数回となり、終わりに近づいてきましたが、
まだまだ見所が多いとか!

さて、三月早々に前売り券を購入して、
とっくに行ってるはずの【越後上越天地人博】を、
先日やっと見る事が出来ました!
                 (なぜ、こんなに遅れたかは後ほどね!)



手当たり次第に撮って来た写真を見てください。
何も考えないで、撮影可のところだけ撮ったので、つまらないですけど
!
 
★場所は、上越市・直江津屋台会館


★謙信の守護神“毘沙門天”


★上杉謙信の鎧


★菊姫の打ち掛け


★楽屋の様子


※私も一言書こうと思ったけど言葉が出なかった!


※気分は華姫! 春日山本丸御殿のセットを再現!
 ドラマで実際に着用された打ち掛けを着て記念撮影も出来ます


★お土産コーナー!  天地人と名が付けば・・・・・・・・   

★ついつい買ってしまうこの心理! 乗せられ上手!



◎ここの施設の入場者も、先日30万人突破したとのこと!
  当初予定したいた20万人は、夏にはクリアし、
 直江兼継に沸いた新潟県でしたが、妙高住人としては、
 やはり、“三郎景虎”の影が薄かっのは残念です。
 “御館の乱”のコーナーは有っても、
 “鮫ケ尾城址”の事が出て来ないのは、寂しい限りでしたね。 
                                     (相当不満でしたよ)



※この場所の主である“上越祭り”(七月)に繰り出される
 “山車”のすばらしさに一番感動したかも! 
(オイオイ)
  
妙高市の隣りの町なのに、
   こんなすごい山車が有るなんてしらなかったんですよー!
 来年は、絶対見にこよっと!
   




            ★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★

えっ? なんで遅れたのかって?
それはね、
世詩絵が、なかなか行かないものだから、
入場券が拗ねて、雲隠れしちゃったんですよー!
会期が終わるまで、へそを曲げているのかと思ったら、
先日、やっと出て来てくれて、
今の内だと、即効行ってきたという次第!

お後がよろしいようで!

2009.08.18 Tuesday

高田城跡公園!

妙高市と隣接する《上越市》には、
【高田城跡公園】という、市民憩いの場所が有ります。
この地方の方なら、先刻ご存知のところですね。
春の《日本三大夜桜》・夏の《東洋一のハス》は、全国的に有名で、
特に春の観桜会には、各地から観光客が来市して、
それは、それは賑やかな宴が繰り広げられます。

今は真夏ですから、《東洋一》と謳われた《ハスの花》が見られます。
紅蓮・白蓮の花が混在する場所は、全国的にも珍しいとか!
お堀を埋め尽くしたハスの花は、一見に値すると思いますよ。










この高田城は、徳川家康の六男《松平忠輝公》が築城したお城です。
奥方が、伊達政宗の娘《五六八(いろは)姫》です。
戦国時代後期の乱世に、色々な不遇が重なり、家康・秀忠から疎まれ、
波乱の人生を送りながら、92歳というこの時代では、
驚く程高齢まで生き延びた人物です。

この城跡公園の一番のシンボルが、《高田城三重櫓》です。
残念ながら、平成5年に復元された新しい櫓ですけどね!
春のお花見の時は、ライトアップされて、
水面に映る桜と三層櫓の姿は、とってもきれいですよ!





公園の広さは、当時の城の規模で約63ヘクタール有るそうです。
敷地内には、他にこういうものががありました!

《弁財天社》 七福神の一人で唯一女性の神様ですね 


《小林古径邸》 上越市出身の日本画家



《遊具施設》 以前は動物園もあったんですけどねぇ〜!


《トイレ》 デザインも古風でしょう!


《松並木と松の根》 ここは観桜会の時屋台が建ち並ぶ場所





※桜の木は、明治40年代に、在郷軍人会が植えた並木で、
 ハスは、明治初年に、レンコン栽培のために植えられたとのことです。






2009.05.01 Friday

鮫ヶ尾城址の桜!

 GWも始まり、県外ナンバーの車が目に付く時期ですねぇ〜!
田舎の道路は、久しぶりに交通量が多くなって、なかなか繁盛しています。
お天気も、予報では晴天続きのようで、ついつい出かけたくなりますね。
世詩絵のところも、娘が帰ってきているので、
日常のリズムが、少し変調しています。
昨日は、娘のリクエストで【鮫ヶ尾城址】に登ってきました。(今年二回目)
あの全盛を誇っていた《カタクリ》は、
すっかり花が終わって、実(種)を実らせていました。
もう、だたの葉っぱにしか見えません!



本丸跡には、二本の《八重桜》が満開で、とっても綺麗でした。
桜の花なんて、見飽きているはずなのに、
こうして目の前にすると、やっぱり見惚れてしまいますね。
桜って、人をひきつける媚態があるんでしょうねぇ〜!
下の管理棟からも、このピンクが見えていました。





周りの木岐はすっかり芽吹き終わって、完全に新緑の風景です。
“爽やか”という言葉が一番似合う景色です。




野草もすっかり伸びて、地面を緑で塗りつぶしてしまいました。
そんな中には、《マムシグサ》がそこかしこに見られました。
(本物のマムシ君に会わないでよかったよー!) ← これ本音!



《ア二ンゴ》も白い花を咲かせて、実りのための養分を蓄えています。



2008.12.24 Wednesday

【クラインガルテン妙高】

昨日少し降った雪も、ほとんど消えてしまい、
窓越しの日差しは、ポカポカと眠気を誘うようなお天気でした。
陽気に誘われて、急ぐ用ではなかったのですか、
妙高山の麓に有る、
滞在型市民農園【クラインガルテン妙高】へ行って来ました。
(初めて訪れてみました) down
“クラインガルテン”とは、ドイツ語で“小さな庭”と言う意味なのだそうですね。




今日は平日のせいか、人影は見えませんでしたね。
降雪期なので、畑仕事は出来ませんし、管理人さんもお休みでした。
週末になれば、温泉やスキーに来る利用者も多いとか!
さすがに標高が高いので、昨日の雪はまだ残っています。
目の前の妙高山は、午後の柔らかい日差しを受けて、
はにかんだ笑顔を見せているようでした。
でも、まだまだ積雪が足りなく、純白のベールは裾まで届いていないですね。




※この“クラインガルテン妙高”の有る場所は、
 “大洞原”という地名で、この地域では、“トマト”の美味しい産地で有名なんです。
 “大洞原トマト”と言えば、ブランドものですよ!
 国道の入口には、“とまと”と言う農産物直売所も有ります。





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



★表題とは全然関係無い話なんだけど!
 今日は、もしかしたら《クリスマスイブ》って言う日だよね!
 わが家では、昨日ローストチキンもケーキも食べちゃったから、
 もう、クリスマスは終わったって感じなんだよね!

でも、そう言えば今日は、《娘の誕生日》でもあったんだなー!
 ナオさん!“二十?歳の誕生日おめでとう!”
 貴女が生まれたあの年も、雪が全然無くって、暖かい日だったね!
2008.11.16 Sunday

【ひだなん】情報!

今朝の直売所【ひだなん】は、すっかり様代わりして、
秋野菜が満載でした!down




ちょっと久しぶりに行って見たのですが、
トマト・ナスの夏野菜は姿を消し、大根・白菜・人参・ネギ等の、
今が旬の、秋・冬野菜が所狭しと並んでました。
直売所は季節の移り変わりが、陳列野菜で良くわかりますね。
この時期ならではの商品を、ちょっとご紹介down!



★まずは新米のコシヒカリと古代米


★煮豆が美味しい各種ささげ・“むかご”も有ります


★野沢菜・もちろん野沢菜漬けにするんでしよう


★こんにゃく芋・手作りコンニャクは美味しいけど作るのが大変!


★かぼちゃ・後一ヶ月で冬至!


★カリン・果実酒やカリン風呂に!


★キューイ・このまま追熟させて正月に食べるといいよ!


★自然薯・芋汁や手打ちそばの繋ぎに!


★柿の皮・たくあんを漬ける時に入れます。


★干しゴーヤ・他の乾物と同様、戻して炒め物・煮付けに!


★切り花・今は菊ばかり!


★これも観賞用だけどナスの仲間とか!


★ドライフラワー・古代米・雑穀・タカノツメ


※地場産の野菜は、見た目の悪い物もありますが、
 何てったって、安全・安心ですからね。
 世詩絵的には、虫食いの無いキャベツ・白菜なんて信用出来ませんよ!
2008.10.14 Tuesday

【ススキ】のお話!



★みなさぁ〜ん!
  upこれが昨日予告したお気に入りの写真でーーーす!

なんてね、大声張り上げて一人悦に入っている世詩絵です!うふふふっ拍手

どうですか? この【ススキ】の海原は!
雪が積もったような白い部分がすべてススキの穂なんですよー!
以前見たときすごく感動して、記憶に焼き付いている風景なんです。
でも、その時はカメラを持っていなくって、悔しい思いもしたので、
今回しっかりと撮って来ました。グッド
   (カメラマンの技量がイマイチな事はこの際無視してね!)






この景色が見たくってねぇ〜、
あれから上越市・板倉区の【光が原高原】へ行ったんですよぉー。
以前、スリーシーズンはリゾート地として賑わっていたのですが、
管理会社が撤退してから、夏場だけ小規模で運営されているスポットです。
日本全国には、ススキが原なんて至る所に有るでしょうけど、
世詩絵的には、ここが《日本一》だと思っています!
         (勝手に思う分にはいいでしょう! それともどなたか文句でもおあり?)



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※さて、ちょっと話がそれますが、
 ここには、こんな物もあるんです! down




1972年の2月、日本赤軍のあさま山荘立てこもり事件の時、
山荘を壊すのに使われた、あの《鉄球》です。
以前、あの事件を映画化したとき、ロケ地として使われた場所がここなんです。
向かって左側が実際に使用した鉄球で、右が撮影のために作られた鉄球です。
2008.08.29 Friday

神の宮温泉【かわら亭景虎の湯】へ行って来ました!

春から建設が進んでいて、七月二十日にオープンした、
神の宮温泉【かわら亭景虎の湯】(詳細はリンクして)へやっと訪れる事が出来ました。



くすんだ黄色の外観は、遠くからでも目に付く建物です。
館内は、何処も純和風仕立で広々としています。
そして、一番の目玉は、なんてったって《大浴場》です。
天然石をふんだんに配置し、内風呂・露天風呂ともどもゆったりとした広さで、
まさに《癒しの湯》そのものです。
平日朝八時半、土・休日前六時から営業っていいね。
日帰り・宿泊と設備は整っていますので、遠方のお客様も安心して泊まれます。

ただ、世詩絵が気になったのがこれ! down
この玄関を入って、目の前の中庭に作られてある《お社》は、
どんな謂われが有って、どんな神様を祀ってるのかなって!
まさか、単なる飾りって事無いよね。
 


そして、ちょっと不満だったこと!
一つは、オープン記念にと渡された“生ビール無料券”が、
生ビール以外使えないって言われたんだけど、
下戸の世詩絵には、なんのサービスになん無いよ!
ソフトドリンクも飲めるような、融通が利いても良いと思ったんだけどね!

二つ目、日帰り温泉には付きものの、お茶のサービスが、
有るには有るんだけど、食堂の中へ入って行かないともらえないって事!
小さな湯飲みは、運んでいる間にこぼれちゃうよ!
じゃ、自動販売機でコーヒーでもって思ったら、それもロビーまで行かないと無いのね。
休憩室の前に有ったら、もっと利用度上がるんじゃないかな!
(だって足腰の悪いご年配の方にはちょっとね)

お昼に食べた“醤油らーめん”ラーメンは美味しかったでするんるん




 
Powered by
30days Album
PR