ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.05.26 Thursday

介護は忍耐なり

またまたばあちゃんの話
聞きたくないかもしれないけど
まぁっ、鬼灯の独り言だからいっか!(^_^;) 



今朝、ケアマネさんと来月の予定を話している時
ばあちゃん
“おれは、まだお母さん(私)の世話になっていないから良い方だね”と言い出した
えっ? まだ世話になってると思っていないんだ
“なるべく世話にならないようにしているんだよ”ですって
そうなんだ、ばあちゃん的には、この状態は世話になってるとは言わないんだ
今、私がしている事は、ばあちゃんから見ると当たり前の事のようだ
92歳でも、とりあえず家の中では一人で動いているからね
嫁から見て
なにをたわけた事を言ってるんだと思っても
ばあちゃんに世話になってるという気持ちが無い以上
何を言っても、馬の耳に念仏なんでしょうね
せめて、人前だけでも(腹の中はどうあれ)
世話になってて悪いぐらい言ってた方が可愛げ有るのにね
その方が自分の得なのに、なんで分からないんだぅ〜
ケアマネさんも、私と顔を見合わせて苦笑いしていましたよ


ああっ、ホントがっかりです
とたんに気力が無くなりました
何にもしてあげる気なりません
すっごく落ち込みます
昨日の事も有るから段々腹が立ってきて
お皿を一枚割りました
それでも、いらいらが止まりません
大きな声を出しても、難聴のばあちゃんには聞こえないから
素知らぬ顔でテレビを見ていました
その姿がまだ腹立たしくって頭に来るんです


ばあちゃんにはっきりと言いたい

嫁には、姑の扶養・介護をする義務は法律的にも無いんです!と
貴方の息子が死んでしまった今、私たちはいつでも他人になれるんですよ

言える訳ないんですけど・・・・・










 
2016.05.25 Wednesday

介護とは覚悟なり

“腹が痛いから今日は休む”と
久しぶりに行きたくないコールが出て
“わっ、ついに始まったぞ”と怒りの炎がめらめらと立ち上った今朝
“私出かける予定有るんだよ”と言っても
“オレ、一人で寝ているからいいよ”と返答
ああだこうだと言い聞かせても、聞く耳持たない
さっさと自室に籠ってしまった
こうなったらもうお手上げ!
用事を早めに済ませてお昼に間に合うように帰宅してみれば
もう、けろっとしてテレビを見ている
朝食を食べていないから
お昼ご飯は少しでも食べるだろぅと用意したら
あらっ、まぁっ、あっという間に完食
お腹の痛いのは治った?らしい
やっぱりずる休みだったんだなぁ〜!

夕方
施設へ行かなかったから着替えをして無いので
下着など持っていけば
“明日、施設に行って着替えるからいいよ”だって
もう、今朝のバトルはすっかり忘れていらっしゃる訳
明日の朝
もしかしたら素直に施設に行くかもしれないけど
明日はケアマネと来月の相談日なんだよね
無理だなぁー!

認知症という言葉が頭をよぎる
老人性健忘症では片づけられない時期に来たのかも
次の段階を考えなければならないのかな
認知症になったら
施設に行くことも嫌だと感じなくなるのかな
其のほうがある意味幸せなんじゃないかって思えちゃう
そう思うのは
私の中に後ろめたさが有るからかしら


そのうち
そう遠くない時期に
ばあちゃんがそうなるかもしれないと
覚悟はしているけれど・・・・・・・・もう少し先?



 
2016.05.21 Saturday

人の心は複雑です

日毎に陽が長くなって
お出かけするには良い季節になりました
晴天が続いているから
なおさら何処かへ行きたくなるのでしょうか
一人旅は出来ない性分だから
グループで行きたいね
女ばかりも気取らなくって良いんだけど
ああっ
貴方と二人で行きたいって考えちゃう!
出先で見かける
ご夫婦の寄り添っている姿を見ると
やっぱりうらやましいなって妬ましくなっちゃうの
あの頃の私達だって
あんな風に歩いていたんだろうなー
特別な事じゃ無い事に
ちっとも気づかなくって当たり前だった
今だから
それが掛け替えのない大切な時間だったと分かる
戻りたいなぁーあの頃に


この歳でも
異性に好意を持たれるって気持ちのいいもんだと知った
もちろん同世代の初老の男性
色恋なんてとうの昔に枯れている世代だから
恋愛なんて考えられないけど
何となく相手の心情が分かるような気がする
若い頃のような
熱い思いじゃ無いのは当然として
二人でいても嫌じゃ無いって事だけは確か
どこか主人に似ているように思えるから
心が少し弾んでる


主人が亡くなって半年後ぐらいに
友達の旦那さんから
その旦那の友達と
茶飲み友達で良いから付き合って欲しいと言われ
また二年後ぐらいに
やっぱり知人経由で付き合って欲しい男性がいるといわれ
なんなんだって思った経験が有るけど
主人の面影消えない以上とても無理だとお断りした
その気持ちは今も消えていないんだけど
だけど
当人から直接意思表示されたら
私はなんて答えるでしょうね

なんだかこんな事を考えて居る自分が恨めしいですよ
でも
やっぱり
一人は寂しいんです



 
2016.05.16 Monday

スマホ

◎なんか機械が思うように動かないと、書く気失せるよね!
 でも、気を取り直してもう一度同じ事書こうっと!



先日、スマホ活用術という講習会に参加して、
ますますスマホが欲しくなったんだ
講義が終わった後は、翌日すぐにでも買いに行こうと思っていたのに
寝て起きたら勢いが減っちゃって
愚図愚図していたら
もう十日が過ぎてしまった
さてさて、
どうしたもんじゃろなぁーと未だ思案中!

便利なんだと百も承知
話を聞けば聞くほど良いもんだと思える
上京したとき、
電車の中でガラケーを出すのが恥ずかしいくらい
老いも若きもスマホだったけど
田舎じゃ
同世代は携帯すら持たず
スマホの普及率は50%ぐらいだから
とりあえずガラケーで事は足りてる訳
もちろん
いずれはって思っているし早いほうが良いに決まってる

躊躇の一番は
経費と使いこなす煩わしさかな
たぶん
電話代は今の倍になりそう
それに見合うだけの有効活用出来るのかな
それとね
この手の機器を一人で買った事が無いから(すべて娘同伴)
なんか不安でねついつい一日延ばしって感じ

ただね
私がスマホを欲しがる理由の一つに
老後対策って事も有るんだよね
そのうち たぶん 間違いなく
介護施設に入居って事になるだろうから
その時
スマホが使えたら
あのどうにも味気ない
息が詰まるような箱の中にいても
少しは楽しさが味わえるかもしれないって思うの
難聴になっても
足腰が弱って車いす生活になっても使えるもんね
PCでも良いんだけど、スマホの方が持ち運びが楽だから
いつでも何処でも使えそうで良いじゃない

まぁっ、認知症になったらアウトだけど
それは想定外と言うことで今は考えまい


さてさて
本当に早く決心しなくっちゃと言いつつ・・・・・・時間だけが過ぎていく













 
2016.05.15 Sunday

投稿出来ない!

同じ記事を三回投稿したのに、
みんな却下されてへこんでしまった(>_<)

今度はどおよ!
2016.04.28 Thursday

東京は色々な顔が有るね

四月の下旬に上京するのは初めてで、
桜が終わっているから
花なんて期待していなかったんだけど
なんのなんの
“さつき”がこんなにもきれいだとは全く予想もしていませんでした
桜同様
着いた時はまだ三分咲きだったのに
一日過ぎるごとに
花が咲き増えて町の風景が変わっていきました
王子・滝野川・西ヶ原は
歩道と車道の境界にさつきの生垣が多く
今まで
葉しか見たことが無かったから新鮮な景色でした
管理もちゃンとしているから
散歩していても気持ちがよかったですよ

今回
初めて早朝の散歩して
それも初めて歩く道ばかり通ってみて
民家や公共施設に
色々な花が咲いているのを見ながら
ぶらぶら歩くのも良いもんだなぁーと感じました
方向音痴なので不安だったんですが
意外と心配したほどじゃなかったから癖になりそうです
日中も
JR・私鉄・都電・バスを乗り継いで
好きなところへ行けたら良いなぁと次回挑戦する予定

ただねぇ〜
飲食店が入りづらい
店内の狭さが田舎者にはちと窮屈すぎて落着けない
テーブルとテーブルがくっ付きすぎて
手荷物を置く場所も無い
土地代・家賃が高いから仕方がないって分かっているんだけどね

だから
座間で友達から連れていってもらったカフェが
実に居心地が良くって
本当に気持ち良くお喋りが出来ました
お豆腐屋さんがラッパを鳴らして
振り売りに来るところを何十年かぶりに見ました
田舎でも
今はこんな光景見られませんから
都心から少し外れるとこんなに余裕が有るのかな
ただ
北区からはちと遠いのが難かも
アパートの近くにも
あんなカフェが有ったら良いのになぁー
もしかしたら
私が知らないだけなのかな





 
2016.04.22 Friday

オラ東京さ行くよ

三ヶ月ぶりの東京行き
例年なら三月の下旬に行くんだけど
ことしは例の後始末で一ヶ月遅れになった
たった一月違うのに
用意するモノが全然違うんで戸惑う
まず着る物が分からん
持っていく野菜は何も無い
何より困った事が、庭の植木鉢や野菜苗の水くれ
この管理が五日も出来ないとなると枯れる恐れ有り
とりあえず、室内に移動したら昨日のこの雨
慌ててまた外に出し日陰に移した
まぁっ二三日は大丈夫だけどね
後は天の恵みに頼ろう

帰って来た時どうなっているんだろぅ〜!(^_^;)

 
2016.04.21 Thursday

電話って!

電話番号のことで大変困っていることが有るんです
固定電話を使ってかけると
相手の電話機に表示される番号が
全然知らない番号が出るので受話器を取ってもらえないのです
インターネットに接続したとき、
そういうシステムになったと記憶しているんだけど
もう、15年も前の話で、
そのころは、ナンバーディスプレーなんて機能は無かったから
たいして気にも止めてなかったのです
オレオレ詐欺が蔓延してから
知らない番号で掛かって来ると
電話に出ないという習慣が出来てしまったようで
最近は本当に固定電話で掛けても出てもらえません。
留守かなと思って携帯で掛け直すと自宅にいるんですよ。
家電が鳴ってても絶対受話器を取らないという方も居ます。
携帯電話が主流の昨今、
そんなに困ることは無いのですが、
長電話の時、
つい電話料金のことを考えて家電を使うので、
私的には不便なんですよね。
(私まだガラケーで掛け放題じゃ無いもんで)

昔は、
大抵の用事は“有線電話”(月定額だから)で済まし
電話代節約のために、
長距離電話は夜八時過ぎにならないと掛けないなんて
時代もあったのにねぇ〜!
あの頃の電話代って
今と比べれば10分の1だったと思う
確かに便利にはなったけど
お金は掛かるよなぁー!
これでスマホにしたら(たぶん掛け放題にすると思う)
固定電話はほとんど使わなくなるんだろぅ〜ね

街中から公衆電話がきえて
家庭から固定電話が消えて
これから通信手段はまたまだ変わっていくのかな!
スマホの次はいったい何になるの?



 
2016.04.13 Wednesday

息子の結婚

※独り言が続きます

今一番の悩みって言うと
悩みと言うより気がかりですかね
【息子の結婚】なんです
三十半ばになっても縁が無くって未だに独身貴族です
この先にご縁があるのか無いのか誰にも分からないけど
どうか有って欲しいと願う親心
一年が過ぎる毎におじさん化していく息子を
見ているのは辛いです

私は、息子が二十歳を過ぎたら
いつでも結婚して良いって思っていました。
簡単に結婚するだろうと楽観していたんです。
長男でも同居はしたくないと思っていたし
時期が来れば絶対縁が有るものと信じていたから
苦も無く結婚するものと思っていました
私たちの若い頃は
それが当たり前だったんですものね
たとえ、息子自身が強く望まなくっても
自然に出会いが有って、
その気になるものだと思っていたんですよ。
甘かったですね今更遅いかもしれませんが
もっと強く言っていたら違ったのかもなんて考えます
息子の結婚が
こんなにも難しい事だとは思いもしませんでした。

周りにも同世代の未婚の息子さんを持ってる方多いんですけど
言い分はそれぞれ違っていて
この話題になると色々考えさせられます
結婚が幸せとは限らないってよく言われます
たとえ離婚しても一度は結婚させたいとも言われます
結婚されている息子さんが居る方は
孫は可愛いけど子守は大変と聞かされます
お嫁さんとの付き合いは今も昔も同じようで
嫁・姑問題は永遠のテーマらしい
嫁勤めをしてきた身だからよーく分かりますが
それでも
嫁さんのグチを言う友達がうらやましいとどこかで思って居ます
息子に連れ添ってくれる方がいたら
どんな願いも聞いてあげるのになぁー 
たとえ婿養子でも!
相手が再婚でも!

どんなに親が悩んでもなんの足しにもならないような気がして
息子にかける言葉を飲み込みます
父親が亡くなって少しは自覚が出来てきたとはいえ
親戚付き合いも、近所付き合いも母親任せで
まだまだ甘いところばかり
そして世間は独身者を半人前扱いするから
世帯主になっていても責任感が薄い
そして
それを許している私にも責任はあるんでしょうね

なんでなんだろぅ〜
今時の娘さんには息子はどう見られてるんだろぅ〜
何が問題なんだろぅ〜

私には優しさの十分有る自慢の息子なんですけどねぇ〜
親子水入らずは楽でいいんだけど・・・・






 
2016.04.12 Tuesday

常連さんいるの?

おーい、
今、覗いてるあ・な・た
来てくれてありがとう m(_ _)m

密かに、内緒で、
おそおそる再開したこのブログだけど
アクセス数が30人から80人と思ってたより多いなぁと思ってる訳
アドレスを変えて無いから、ふと気まぐれでクリックしたら
なんか書き込みしてあったっていう人は居るだろぅけど
こんな文字だけのブログなんて、素通りしちゃうんじゃない
だらだらと、しょーも無い事しか書いてないもんねぇ〜
それでも、常連さんって居るのかなぁー?
一人だけ分かっているんだけど・・・・・そう貴女ですよー!
たまたま迷い込んできた数がこの数値なのか?
まぁっ、コメントもほとんど無いからきっとそんなところだろぅ〜とは思うけど
そんなこと気にしていたらまた書けなくなっちゃうじゃん
ドンマイ、ドンマイ、我が道を行くだわさ

でもねぇ〜、やっぱり不思議な世界だよなー!



 
Powered by
30days Album
PR