ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【黒倉林道】開通? | main | 田上がりの節句! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.08 Tuesday

よし八池〜桂池へ!

さて昨日の続きです!
《黒倉林道》を、また板倉方面に戻り、
途中で【よし八池】へ入り、
池周辺道路を一周 してから小沢地区へ向かいました。





小沢集落から、《幻の大滝》を横目に、
寸分道へ抜ける農道を、下がって上がって、
上平丸へ降り立って、いつもの“新井飯山線”を深山へ向かい、
やっぱりいつもの【桂池】に行き着き、
そのまま、例の“ハンググライダー”の飛行場所へ!
眼下の景色は、少し霞がかかりちょっとぼやけていましたが、
このパノラマは、何時見ても飽きないですね。




ハンググライダーも、準備万端だったのですが、
風待ちで待機していて、なかなか飛び立ちません!
真っ青な空を優雅に飛行する姿を、みたかったのですが、
待ちきれずここを後にしました。
(後方の異物はテレビ塔です ここには四社の塔があるんです)





桂池に戻る途中、《古池》によることにして方向転換!
すごい凸凹の道と、雑木が生い茂って、
運転が大変なので、最近はあまり行ってなかった場所です。

この道の途中に《平丸峠》があるんです。
意外と知られて無くって、ちょっと感動できる場所ですよ!
昔は、この細い道を通って長野へ行った飯山街道の本道です。
今は、草や雑木に覆われて、昔の面影もないですが!
古びた《平丸峠》と、
それより少し新しい《掘貫記念碑》の石碑が、
向かい合って、大きな松の根本に建っています。








実は、この先が今話題の《信越トレイル》に続いているのです。
10年ほど前、竹の子狩りに行った頃
この峠から、一舛曚匹阿襪辰伐鵑觧矯道路があって、
軽トラックでも通れる道幅だったのです。
途中に、《イワカガミ》の群生している場所があったりして、
山野草の愛好家には、楽しい道が続いていました。
今は、雑木が道をふさいでしまい、
人がやっと通れるような雰囲気です。

桂池・古池の側には、《信越トレイル》の一部があるので、
最近は訪れる人も多くなったようです。
整備もされて、以前よりずっと歩きやすくなっていますね。


※さて、話は前後しますが、

“ハンググライダー”の飛行地と“古池”の間の草むらに、
見慣れない“麦の穂”のような花が目に止まり、
車を止めてよくよく見たら、
な・なんと、《竹の花》じゃないですかー!



これは実に珍しい物を見ました!
《竹の花》って60年に一回しか咲かず、
花が咲くとその竹藪は、
来年には、枯れて絶えてしまうのです。
見事に、何も無くなりますよ! 
(まれに一二本の竹は残っていますが)
世詩絵が、《竹の花》を見たのはこれで二回目です。
不吉の前兆と言われる《竹の花》ですが、
この後、何か嫌な事があるのかなぁ〜!
なんて思ったのも一瞬でしたが!


帰りは、長沢地区に出て、
自宅に帰り着いたのが、丁度12時でした!(朝8時に出発)
半日でこれだけ走って、こんなにすばらしい景色を眺めて、
主人が途中で、《竹の子》も収穫したりして・・・・・・・・・・
すごく特した気分のドライブでした!  
(軽トラックですが 山に行くならこれが一番 4WDはどんな場所もへっちゃら!)


2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
恥ずかしいですが知らないところばかり。私は妙高に行っても山荘のメンテをしたり布団を干したり雑用ばかり。ちょっと足を延ばして平丸方面には行ってみたいです。
いつもここで見せて頂いては「あ〜次は絶対に行こう」と思うのですが・・・
有難うございました。
竹の花は珍しいですね。悪いことなんて起きませんよ。
  • ごん魔女
  • 2010.06.11 Friday 11:35
>ごん魔女さんへ
お久しぶりです。
私も、一回はごん魔女さんを、平丸周辺へ案内したいと思っているのですよ。たぶん、道が判らないと、山道はナビでも難しいんじゃないかとおもうのです。
いかがですか、次回妙高へ来るとき、時間を作って行ってみませんか?
早めに予定を立てて、日時が決まればコースを考えてみます。

  • 世詩絵
  • 2010.06.13 Sunday 10:24
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR