ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日光東照宮参拝! | main | 晩秋の斑尾高原へ! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.24 Saturday

二日目は軽井沢へ!

さて、明けて翌朝!
お天気は、曇り空だけど雨は降らなそぅ〜!
専属運転手のコーちゃんは、まだ元気そうね!
                          (コーちゃんがまだ誰か分からない人っている?)
九時にチェックアウトして、
今日の目的地は、【軽井沢】です!

えっ?
なんで?
何処へ行くの?
何かイベントあったっけ?
なんて、深く考えないでください!
今日の記事は、実にマニアックな内容ですから!
  (軽井沢と聞いてピッピッと来たあなた 正解です・・・・ホントかい!)

鬼怒川温泉を出て、今市市まで戻り、
道程を確認しようと、後部座席の道路マップ(ナビを使えない世代ですから)を取ろうとしたら、
“あれっ? 何処にもない!”
“あっ、旅館の部屋のテーブルの上に忘れた!”
“ああっ、またやっちゃった!”

以後、無口になったコーちゃんと、
車内に流れる1970年代のBGMを聴きながら、
日光宇都宮道路に入り、佐野・足利・桐生・前橋・高崎と通過し、
妙義山が見える頃には、すっかり良いお天気です。
(心は曇り空だったけど・・・・・)



軽井沢に着いたのは、12寺頃!
広々とした道路の両側は、楓の紅葉が実に鮮やか!




目的地が分からず、軽井沢駅で道案内をしてもらい、
着いた場所が《塩沢エリア内》
これぞファンには、絶対一度は訪れたい、
【浅見光彦倶楽部クラブハウス】です!
      (まぁまぁそこの人、そうガッカリしないでよ! 
        ここでやめても良いからね!)

★玄関前の駐車場じゃ無いところに、すっごい高級車が止まっている!
  


★浅見光彦の愛車“初代ソアラ”



実はここも14年ぶりの再訪なんですよー!
なんてったって、世詩絵は年季の入った“アサミスト”ですから!
そして、館内へ!
ああっ、14年前と全然変わってないなぁ〜と感懐深げに、
受付に行くと、
そこにいたステキなお姉様が、
“実は今、内田先生がいらっしゃって居るんですよ!”って
囁くじゃないですかー!
えっ? ええっー? ホントに? マジでー!
思わず、きょろきょろと見回したら、
奧のソファーに、確かに見覚えの有る姿が、居るじゃ有りませんか!
次回の新作の打ち合わせとか!
写真もサインも戴けますよという言葉に、
“ぜひおねがいしまーす”と即答!
しっかりと、記念撮影と購入した著書にサインをもらいましたわよ!
玄関前の高級車は、先生の愛車でした。




※実は、この本は文庫判なんですよ!
 まだ未読だったので、購入したのですけど、
 先生のサインは、四六判か新書判しかもらえないそうなんですが、
 受付の方が聞いてくれたら、先生は、快くサインしてくれたのです。
 ああっ、なんて優しいお方なんでしょうねぇ〜! 

こんな幸運に恵まれるなんて、
世詩絵感激!とテンションは上がるばかり!
その様子をニヤニヤ笑いながら見ているコーちゃんは、
                          (機嫌は直ったようです)
パズルに夢中でしたが!
先日テレビで、浅見光彦の特集番組を見たらしい!
                  (それで来る気になったのですが) 
今期は、連続ドラマも始まったしね!
             (なんか急にアサミストが増えたような気が・・・・・・・・・・・・気のせい?)



興奮が少し冷めてから、改めて館内を見学!
ハウス内はこんな雰囲気です!















実は浅見光彦が住んで居る(とされている)街(北区・滝野川)には、
娘のアパートもあるんですよー!(以前にも紹介したっけね)
いまでは、娘の方がアサミスト度が高いので、
ここに彼女が居たら、すごく喜んだろぅ〜なぁ〜と実に残念に思いました。


さて、クラブハウスを後にして、
次に向かった先が、【TeaSaion 軽井沢の芽衣】です!
内田先生と奥様でファンタジー作家早坂真紀先生のティーサロンです。
軽井沢の木立の中に、静かに佇むサロンです。
店の裏側には、“妖精の棲む森”と言う、散策路が有ります。







ちょっと遅いランチをここで頂くことにして、
オーダーしたものは、“ドライカレーとホワイトソースライス”です
これが実に美味しく、いつまでも余韻の残る味でした。



しばし、くつろぎの一時を過ごした後、
隣接されている【浅見光彦の家】を訪問!
と言っても中には入れませんので、外から眺めるだけでしたが!
ここは、浅見光彦ファンクラブの為の宿泊施設です。
ログハウス調の外見は、落ち着いた雰囲気で、
ぜひ泊まって見たいなぁ〜と思わせる建物でしたよ!






何時しか、秋の日差しは西に傾き、
吹く風に冷たさを感して、名残りを残しながら
コーちゃんと世詩絵は、車中の人となりました。
後は、上新道自動車道を走り、妙高に着いたのは五時半頃!

疲れた体にむち打って?パソコンに向かった自分に拍手!
想い出巡りの道中記、これにておしまい!





(コーちゃんの正体を知りたい人、個人的にメールください)

                 いないかー!

                                 いないよなぁ〜!








2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
クラブハウス内に貼ってあった連ドラのポスター見て思い出したけど、王子駅にも同じのがあったなぁ、デカい立て看板サイズで。さすがお膝元w
クラブハウス、俺も久しぶりに行きたいな・・・。
  • ふゆき
  • 2009.10.26 Monday 22:22
>ふゆきへ
連ドラもそうなんだけど、浅見光彦の住民票のコーナーに、滝野川の名所が沢山紹介されていて、なんかうれしかったよー!
平塚亭の団子が食べたい!
軽井沢の施設も増えたし、光彦の家に泊まって、一日楽しんできたいね!

それにしても、内田先生本人に会えるなんて、本当にラッキーでしたよ。
少し話をしたんだけど、すごく親しみやすい人柄でした。

  • 世詩絵
  • 2009.10.27 Tuesday 13:53
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR