ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋の花! | main | 二日目は軽井沢へ! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.23 Friday

日光東照宮参拝!

善男善女の、“コーちゃんと世詩絵” は、
     (えっ?コーちゃんって誰かって? それは、その・・・・・そのうち分かるって!)
秋雨のしとしと降る早朝、日光に向けて出発です。
三十二年前の道程を辿る為、R292を通り信州路へ!
濃霧で前方が霞んで見える、志賀高原ルートへ入り、



白根山山頂付近を通り過ぎたら、とたんに快晴の青空が!
でも、外気は3度と表示されて、外に出たら震えてしまった!





万座・草津温泉の紅葉を楽しみながら、沼田市へ!
以前、家族旅行で訪れた、老神温泉や吹き割りの滝を横目に、
しばらく行くと、突然前方に工事途中の橋脚がにょきっと!
な・なんだぁ〜これは?
あっ、そうだ!
これが今話題の、《八ツ場ダム》の関係工事現場なんだー!





えっ?
工事が中止になったら、これはこのまま?
走りながら周りを見れば、あちこちに工事現場が!
むむむっ、この後どうなるんだろぅ〜と・・・・・・・勿体ないなー!



突然前方に、男体山の雄姿が見え、
続いて、戦場ヶ原が両脇に広がって来た!



車窓の景色は、紅葉の色合いが濃くなって来て、
《中禅寺湖》についた頃には、すでに五時間が過ぎている!



降りてみたが、ここで苦渋の決断!
《華厳の滝》を見に行ったら、日光に着くのが遅くりそう!
陽の短いこの季節! 五時には薄暗くなるんだよなー!
仕方ない、今回滝はパス! (勇気がいったよー残念だよー!)
かの有名な《いろは坂》の、ヘアピンカーブを幾重に曲がり、



【日光東照宮】に着いたのは、一時半!
気は急くが、腹ごしらえはやはり必要だろぅ〜!
ソバとラーメンで簡単に済ませ、
さぁっ、東照宮参拝へいざ!



さすが世界遺産、平日でもすごく混んでいるねぇ〜!
聞こえてくる会話は、国際色豊な多国語!

そして、以下の写真は、皆さんご存じの場所ばかり!
今さら説明も要らないでしょうが!

※日光東照宮

★五重塔


確かに、五階の桟だけ放射状!


★三猿(八枚の絵は人間の一生を表しているとか)


★逆さ模様(こういう言い方が正しいのか分かりませんが)
 四本の柱のうち、一本だけ模様が逆です




★陽明門


★拝殿


★鳴竜(手を叩くと鈴が鳴るような音の余韻がきこえます)
 ここだけ中は撮影禁止


★眠り猫(名工 左甚五郎作)


★家康公の御墓所(207の石段をの登るのはキツイ)


※日光三輪王寺



※二荒山神社







※家光廟




やっぱり亀だよねぇ〜! 特に説明無し!

このもみじがひときわ鮮やか!



写真も撮り飽きて、最後は適当です! (家康様すいません)
約二時間の参拝時間は、長いのか短いのか分かりませんが、
32年前には、見られなかったところが沢山有り、
本当に有意義な拝観となりました。
東照宮は《二社一寺》なので、お詣りの仕方も違うから、
うっかり間違えそうですが、拝殿にはちゃんと説明が有ります。
線香と数珠のお土産を買い、日光東照宮を後にしました。

日光街道の杉並木の脇を平行に走り、
今晩の泊まりは、《鬼怒川温泉》です。
二日前にやっと予約が取れた宿に着いたのは、丁度五時!
大きなホテルじゃないから施設は質素ですが、
料理の旨さが評判の宿です。
ええっ、口コミ情報通りの美味しさでしたよ!
食材から吟味された、すべて手づくりの料理は、
食べきれない量でね!
     (でもすべて頂きましたが!そんな残すなんて罪な事できませんよねぇ〜)

そして満腹のお腹を抱えて、夜は更けていきました!
おやすみなさい!


☆帰宅そうそう、記憶が鮮明なうちにと、早速PCに向かい、
 文字をうちだしましたが、少々お疲れモードと、
  文章の長さと写真の多さに時間が足りない!
 チョー面白くない記事になって、申し訳ないです!
 長すぎて、途中で見るのをやめちゃった人が居るかも!

                       (とりあえず、世詩絵の自己満足でごめんなさい!)
 





2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
ちょうど慶がブログを始めたころ、いろいろ夫婦間のことで悩んでいたんだけど、夫と旅行したのが、こちらでした。なんだかしみじみしちゃって読みましたよ。そのころは写真はあまりとってなかったので、ちゃんと記録してなかったし、ツアーで行ったので強行軍だったので、せっかく行ったのにさっさと通り過ぎた感じでした。先日TVでこの記事に乗っている逆さの柱とかみざるきかざる以外に人間の一生をあらわしたものだというのをやっているのを見て、見逃した!なんて思っていたので、世詩絵さんのところで見てちょっとびっくりしているところです。
  • 2009.10.23 Friday 22:57
>慶さんへ
実は、32年前に行った日光が、主人との出会いの旅だったのです。
その時は、平丸の青年会に混ぜてもらったので、私だけ部外者で、彼は、第一印象がすごく悪かったそうです。(私も不愛想な男だとおもったんですが)
慶さんと同じ番組かもしれませんが、私も逆さ模様・五重塔や三猿の事をテレビで知ったのです。旅行の前に知識が出来て、すごく為になりましたよ。
東照宮はともかく広すぎて、全部を見るのは、二時間ぐらいじゃとても無理ですね。

  • 世詩絵
  • 2009.10.24 Saturday 15:11
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR