ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< やっと夏? | main | 今年の夏も黒倉林道へ! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.08.18 Tuesday

高田城跡公園!

妙高市と隣接する《上越市》には、
【高田城跡公園】という、市民憩いの場所が有ります。
この地方の方なら、先刻ご存知のところですね。
春の《日本三大夜桜》・夏の《東洋一のハス》は、全国的に有名で、
特に春の観桜会には、各地から観光客が来市して、
それは、それは賑やかな宴が繰り広げられます。

今は真夏ですから、《東洋一》と謳われた《ハスの花》が見られます。
紅蓮・白蓮の花が混在する場所は、全国的にも珍しいとか!
お堀を埋め尽くしたハスの花は、一見に値すると思いますよ。










この高田城は、徳川家康の六男《松平忠輝公》が築城したお城です。
奥方が、伊達政宗の娘《五六八(いろは)姫》です。
戦国時代後期の乱世に、色々な不遇が重なり、家康・秀忠から疎まれ、
波乱の人生を送りながら、92歳というこの時代では、
驚く程高齢まで生き延びた人物です。

この城跡公園の一番のシンボルが、《高田城三重櫓》です。
残念ながら、平成5年に復元された新しい櫓ですけどね!
春のお花見の時は、ライトアップされて、
水面に映る桜と三層櫓の姿は、とってもきれいですよ!





公園の広さは、当時の城の規模で約63ヘクタール有るそうです。
敷地内には、他にこういうものががありました!

《弁財天社》 七福神の一人で唯一女性の神様ですね 


《小林古径邸》 上越市出身の日本画家



《遊具施設》 以前は動物園もあったんですけどねぇ〜!


《トイレ》 デザインも古風でしょう!


《松並木と松の根》 ここは観桜会の時屋台が建ち並ぶ場所





※桜の木は、明治40年代に、在郷軍人会が植えた並木で、
 ハスは、明治初年に、レンコン栽培のために植えられたとのことです。






2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
なるほど!東洋一の見事な蓮ですね〜。春も素晴らしいでしょうね。今でもレンコンは採るのかしら?もう今は花を楽しむだけなんでしょうね。公園全体雄大な感じがしますね。
  • 2009.08.22 Saturday 14:31
>慶さんへ
今はレンコン採りはしていないですね。観賞のために管理している“ハス”です。
花が満開の時期が、丁度盆の頃なので、帰省された方達の散策の場所になっています。
春の観桜会は、桜は見事なんですが、人・人・人で、桜をゆっくり見て歩く余裕が無いくらいです。

(コメント入れてくれてありがとう、ここの所全然入って無かったから、寂しかったんです・・・・私が皆さんのところへ、入れないからなんだけど・・・・がんばろぅ〜)
  • 世詩絵
  • 2009.08.22 Saturday 15:03
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR