ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初夏の花たち! | main | 今朝の妙高山! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.05.28 Thursday

【いのやまささげ】ってこんな食べ方!

甘く煮て食べる《ささげ》って言う豆は、誰でもご存知ですが、
 この【いのやまささげ】って言う豆は、
秋に実が熟したら、サヤごと乾燥させて、
そして、そのサヤごと《煮物》で食べれるんですよ!
 
それがなんとも言えない美味しさなんですよ!
ただこの食べ方は、おケイさんから教えられた料理で、
他所ではあまり食べたことは無いんです。
完熟のサヤを食べるなんて、知らない人も多いのでは!









上手にきるコツは、サヤが開いて中の豆が飛び出し易いので、
多目のだし汁に材料を並べ、
落し蓋をして、絶対かき混ぜない事です。



以前《田植えのご馳走》には、欠かせられないのが《煮しめ》でした!
身欠きにしんと切干大根が不可欠で、
今回はこれに、ちくわ・こんにゃく・人参・しいたけ・高野豆腐で、作ってみました。
あとは、姫竹の子が入っていたら、もう何も言う事は無いです!
ご近所助け合って、手で苗を植えていたあの頃は、
手伝いに来てくれた人たちに出す、
こびり(おやつ)と昼餉のおかずは、母ちゃんたちの大仕事でした。
実家の母は、田植えの二日間は三時に起きて、
台所で賄い料理を作り、一緒に田植え仕事をして、
昼休みなんて全然なくって、それは、それは大忙しだったのです。

いまの田植えは、機械でダっーと植えて、はいっ、終わりです!
二日かかっていた場所は、半日で植えてしまいます。
端植えも、手直しも全然しません!
この30年間で、農業ほど進歩(変化)した仕事は無いのでは!




2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR