ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【砂迷宮】完読! | main | これは何でしょうか? >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.05.08 Friday

日帰りバスツアーへ!

E新聞店の、 購読者謝恩日帰りバスツアー】に参加してきました!
(世詩絵んちは、E新聞店のエリア外なので、実は・・・・・・・・ びっー! それ以上は他言無用)

今回の目的地は、栃木県の【あしかがフラワーパークとのこと!
この時期は《藤の花》がね、すっばらしいんだって!
でもさ、藤の名所なんて、結構何処にでもあるし、
山へ行けば、藤の花なんて、何処ででも見れるんじゃない!
なんてね、高く食っていったんですが、
あれっ、まぁっ、おったまげましたねぇ〜!すごいのなんのって!
人の多さに!(GW終わったのに)・・・・・・・・じゃなくって
入園料の高さに(大人1500円)・・・・・・・・・・・・・・じゃなくって
もちろん《藤の花のキレイさ》に決まってるでしょうがー!

東京ドーム7個分の広さに、
樹齢130年以上の大藤を中心に数百種の花が、
園内の至る所に咲き乱れているのですって! (確認してないけど)
確かに、たかが《藤》なんて言えないほどすばらしかったですよー!
まずは、その圧巻を垣間見せますね。

★紫の一重
 この藤棚を管理する裏方に感謝! 幹の太さを測ってみたいね






★白藤
 この清楚な白色が、天女の羽衣のようです





★黄藤(キングサリとも言うらしい)
 珍しい黄色の藤を初めて知りました。思わず土産に一鉢! (もち衝動買い)






★八重藤
 なんてったって、世界的にも珍しい品種とか!
  すごい重量感を感じます。
 散って落ちた花が、地面に咲いているようです。
 これぞ《逆さ藤(富士)》なんて隣の方が言ってましたけど! (世詩絵も納得)




広すぎて、目移りして、歩きくたびれて、
半分くらいしか見て回れなかったけど、
良いものを見て来たよっていえますねぇ〜!
花好きには、たまらない施設ですよー!
珍しい花がたくさん咲いていて、とっても楽しかったです
ここでは、他にお土産二つ購入!

※石楠花の朱色・・・・・・・園内に咲いていた色がすばらしかったからつい!


※最中・・・・・・・名物って言われてやっぱりついねぇ〜!



二時間あまり散策を楽しんで、次に向かった先が、
【ラーメン佐野一番】という、早く言えばラーメン製造工場・店舗!


こんな遠くまで来て、何でラーメン屋へ行くの?
たった二箇所しかない観光スポットの一つがラーメン屋かい!
なんて心中ちょっと不満だった訳よ!
無知な世詩絵は知らなかったのですが、
なんですか、《佐野ラーメン》って、全国的にも有名なんだってね。
団体無料試食コーナーで、ちょっと味見! (食べ終わった後で気が付いた写真)



まあまあの味かな! (うまいっ、って絶賛するほど?・・・・・生意気言ってごめん)
でも、しっかりお土産買い込んできましたが! (オイオイ)



ここを出れば後は、帰路につくばかり!
すでに時刻は三時過ぎ、日が長くなってきたから、まだ明るいけど、
ここからだと、帰宅するまでに後四時間はかかるはず!
北関東自動車道〜上信越自動車道に入り、横川SAで、
予約しておいた《峠の釜飯》を受け取り、



小布施PAで最後のトイレ駐車!
そのトイレの床に一匹の《蛾》が! こんなきれいな蛾なんて見たこと無い!
透き通るような水色をしてるんだけど、名前って何?
               (トイレの床の写真撮ってる私の姿って・・・・・・・・・笑える)



その売店でこんなもの見つけちゃいました!
なんと、 《お犬様のお弁当》ですって! 
わおっー、ここまで来たかぁーって、思わず感心してパチリ!
                                (人間も食べれそうだけど・・・・・・・・・・ダメ?)



降りそうで、時々雨粒も落ちて来たけど、傘の世話にもならず、
無事にE新聞店に帰着! 
お土産の荷物取り出して即解散!


そして、また世詩絵のおっちょこちょいが炸裂!
車の鍵が無い! 無い! 無い!
朝の事を思い返してみれば、なんと
事務所の机の上に置きっぱなしでした!
あんたは、今日一日一人でここにいたんだねぇ〜!
お利口さんだったわねぇ〜!

なんて話は、内緒のな・い・し・ょ! シぃー!









2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
も、もしかして、世詩絵さんは慶と姉妹?だああって、最後の鍵のくだりは…、あのお〜、慶のこと見てたの???
それにしてもすばらしい藤ですねえ〜。ほおお〜!!!こお〜〜んな素晴らしいのは初めてみますよ!
それから「蛾!」ガラス細工のようねえ。本物??なの??写真だと壁の飾りかと思うわあ〜。
  • 2009.05.08 Friday 21:55
>慶さんへ
えっ?と言う事は、慶さんも同じドジしちゃったの?
ホントに、死ななきゃ治らない持病だわよ!

足利の藤は、高い入園料の価値はあると思いますよ。
それに、他の花も珍しいものばかりでしたからね。機会があったら行って見てください。

この蛾は、間違いなく生きてました。壁に見える舗装は、床なんです。しかもトイレの入り口の床!
ネットで、水色の蛾で検索したら、“オオウミアオ”って名前がやたら出てきたんですが、でも、上の黒いラインが無いので、違うかも!

  • 世詩絵
  • 2009.05.10 Sunday 21:25
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR