ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 陶芸作品完成! | main | 【イワウチワ】が咲きました! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.02 Thursday

わっーい、イチゴ狩り!

 二年ぶりに【イチゴ狩り】に行って来ました!
世詩絵が行くところは、長野県小布施の方なんです。
自宅から車で一時間半くらいかがるので、
世詩絵の運転技術では、少し遠方ですが、
ここしか【イチゴ狩り】の出来るところを知らないんです。
何てったって、イチゴ大好き人間なので、
無理したって、行く気になるんですねぇ〜!

(必ずどこかで迷うけど・・・・・・・・・・・・・・・・・方向音痴はここでも発揮!)


午前中は、天気予報がはずれて、非常に良い天気でした。
(やっぱ晴れ女だなぁ〜! 先日の旅行しかり・・・えっ、世詩絵のせいじゃ無いって?)

受付を済ませ、ぶらぶら歩く事にして、
女三人は、市道のど真ん中を横一列に、(たまに来る車を尻目に)
きょろきょろ左右のりんご園を見ながら、歩くこと20分!
着いた大きなハウスがこれ! すごく大きい!



中はとっても暖かいから、コートを脱いで、
ミルクの入ったカップを貰い、イチゴの列にいざ突進!
ここの施設は、イチゴを採る位置が、丁度腰くらいなので、
とっても採りやすく楽なんです。







最初の一粒は、大きい物を物色して、一口で食べちゃいます!
続けて、手当たり次第に、十粒くらいはあっという間に口の中へ!
少し満足した頃、大きな完熟イチゴを探して食べますが、
意外と、葉の影になって取り残された物が美味しいですねぇ〜!
一回の入園料が1200円です。
時間制限が無いので、慌てて食べる必要は無いのに、
食意地が張っているから、次々食べちゃって、
30分も過ぎれば、へたの数も50 個くらいになって、
もう食べれませんとギブアップ!
お土産用も自分で採れるので、パックを貰い、またイチゴの列へ!
パックに詰めながら、時々口の中へも入っちゃうんだから、
世詩絵の胃袋恐るべし!


“行きがけの駄賃”に最期の一粒を口に放り込み、
ハウスを後にし、駐車場が有る直売所で野菜を買い込み、
いつものコースで、“あけびの湯”でひとっ風呂浴び、
フラワーセンターで“ミニバラ”と“オダマキ”を買って、
雨が降ってきたR18号線を走って無事帰り着きました。

★あまにも、きれいな色だったので衝動買いしたオダマキ!



 このミニバラは、“押し花用”です。
 花を取った後は、一応畑の隅に植えます。
 が、育てられる自信無し!


2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
お〜〜!思わず静岡の景色かいって思ったよ〜。静岡は石垣イチゴが盛んなんですよ。石垣の隙間に苗を富士のすそ野で育てたものを植えて、(たぶん気温差で春が来たと勘違いさせるんだけど)ハウスで育てます。昔は酸っぱいイチゴしかなくてミルクをつけて食べたんだけど、ハウスの中は暑いぐらいで、苺もなまぬるくなって、正直あまりおいしくなかったですけど、最近は甘い品種に変わったのでおいしくなりました。でもあまりに暑い日は…。静岡では1月からイチゴ狩りができますよ。というか冬にイチゴ狩りだな〜。海沿いに150号線があるんだけど、苺ラインなんて呼ばれて、苺娘が旗振りをして観光客の呼び込み合戦をしています。むか〜しむか〜しの娘も時々いますけど…。
こんなつくりになっている食べやすくて(いや摘みやすくて)いいね!
そうかあ〜押し花用のお花はたくさんいるよね〜。花びらがたくさんでぴったりだね。色もいいし〜。
  • 2009.04.02 Thursday 22:06
>慶さんへ

雪国新潟も、場所によっては、ハウスのイチゴ栽培が盛んです。“越後姫”という品種が最近流行です。でも、ここ妙高周辺ではあまり見ませんね。(世詩絵が知らないだけかも)
バスツアーで、2.3月頃“イチゴ狩り”というコースをよく目にします。一泊二日なら、静岡まで行けますね。

押し花にするバラは、色によって褪せてしまうので、吟味して買わないと、出来上がってガッカリします。この赤は、大丈夫だと思うの!
押し花にすると、意外とね、八重や牡丹咲きより、一重の方が見栄えするんですよ。
  • 世詩絵
  • 2009.04.03 Friday 09:18
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR