ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久しぶりのドライブ! | main | 【わがやの味】の取材にて! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.02.03 Tuesday

寒の餅・あられ!

今日は《節分》、明日はもう《立春》!
妙高は、今日も朝からしとしと雨降りです。
平場ではすっかり雪が消えて、《立春》と言われれば
春になったんだと納得しそうな暖かさです。


さて、一週間も前の話で恐縮ですが、
《ねおかん》での【寒の餅とあられ】作りの話です。(今日はもう寒の終わりなんですが)
ちょっと前まで、農家では《寒の餅つき》は当たり前の事でした。
大寒の頃に餅を搗くと、カビるのが遅く長持ちしたので、
正月の餅が食べ終わったこの時期に、もう一度餅つきをしました。
その時一緒に、《あられ》を作るのです。
最近はあまりしないようですが!
(真空パックの餅が、一年中売っていますからね)

★今回は、《わが家の味》の取材を兼ねて、四種類の餅つきをしました。down
 《何も入らない白い餅・ピンクはエビ・緑は海苔・紫は赤しそ》



★桃の節句に飾る《ひし餅》なんかも、切ってみたりして!down



《あられ》は、1.5cm角のサイコロに切ります。down




★短冊に切って《しんもち》は、ワラで編んで乾燥させます。down



※《あられ・しんもち》をつくるのは、結構手間がかかるのですよ。
 室内の温度管理と湿度管理がポイントで、急に乾燥させると割れて粉々になり、
 湿度が高いと、カビが生えてしまいます。
 寒の時期にあられを作る理由が、寒くゆっくり乾燥させられるからなのです。
 出来上がるまで、約二十日ほどかかります。
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
そうなんだ〜。大変なんだね〜。子供のころおばあちゃんが作ってくれたのがカン缶に入っていて、欲しくなるとその缶を持って行っておばあちゃんに揚げてもらって食べたけど、(お醤油じゅっと掛けて)贅沢なおやつだったんだねえ。ばあばになった慶にはできないでやんす(−−〆)ばあちゃんは何にも言わず作ってくれたけどね。
  • 2009.02.04 Wednesday 00:18
子供の頃に食べた事がある記憶があります♪
本当に美味しそうで食べてみたいけど
凄い手間がかかるのね
いつもの事だけど世誌絵さんはエライわぁ〜
もう今の人じゃもう作れる人は少ないでしょうね
あまり見かけることが無くなったもの〜
世誌絵さん何時までも作り続けてね〜 (^O^)/
  • ちゃこママ
  • 2009.02.05 Thursday 00:15
>慶さんへ

そうそう、揚げたてにお醤油をじゅっと掛けた、あの香ばしい味が格別!
世詩絵も子供の頃は、当たり前におやつで食べていたけど、母達がこんなに苦労して作っていたなんて、ホント知りませんでした。
昔ながらの食べ物は、今作ると、すごく時間と労力がいるんだと、改めて実感しました。
便利な世の中だけど、味化無い気もしますね。

  • 世詩絵
  • 2009.02.05 Thursday 09:09
>ちゃこママさんへ
いらっしゃってくれて嬉しいです。
(ブログ休業するとか言ってたから)

100未量瀛討悩遒辰燭△蕕譴世ら、
そりゃ、ひと味も二味も違います。
昔は当たり前に食べていたけど、今はすごく貴重なおやつですよね。
この辺でも、作らなくなった家庭多いですから!
実は、私も作り方知らなくって、今回“いえあじ”の取材で初めて作ったのです。
ぜったい、売り物になるなぁ〜って思いました。

  • 世詩絵
  • 2009.02.05 Thursday 09:16
ハジメマシテ
母が作りたいと言うもので参考にさせて頂きました

しんもち。素敵ですねー
とっても綺麗☆
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR