ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スマホ | main | 介護とは覚悟なり >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.05.21 Saturday

人の心は複雑です

日毎に陽が長くなって
お出かけするには良い季節になりました
晴天が続いているから
なおさら何処かへ行きたくなるのでしょうか
一人旅は出来ない性分だから
グループで行きたいね
女ばかりも気取らなくって良いんだけど
ああっ
貴方と二人で行きたいって考えちゃう!
出先で見かける
ご夫婦の寄り添っている姿を見ると
やっぱりうらやましいなって妬ましくなっちゃうの
あの頃の私達だって
あんな風に歩いていたんだろうなー
特別な事じゃ無い事に
ちっとも気づかなくって当たり前だった
今だから
それが掛け替えのない大切な時間だったと分かる
戻りたいなぁーあの頃に


この歳でも
異性に好意を持たれるって気持ちのいいもんだと知った
もちろん同世代の初老の男性
色恋なんてとうの昔に枯れている世代だから
恋愛なんて考えられないけど
何となく相手の心情が分かるような気がする
若い頃のような
熱い思いじゃ無いのは当然として
二人でいても嫌じゃ無いって事だけは確か
どこか主人に似ているように思えるから
心が少し弾んでる


主人が亡くなって半年後ぐらいに
友達の旦那さんから
その旦那の友達と
茶飲み友達で良いから付き合って欲しいと言われ
また二年後ぐらいに
やっぱり知人経由で付き合って欲しい男性がいるといわれ
なんなんだって思った経験が有るけど
主人の面影消えない以上とても無理だとお断りした
その気持ちは今も消えていないんだけど
だけど
当人から直接意思表示されたら
私はなんて答えるでしょうね

なんだかこんな事を考えて居る自分が恨めしいですよ
でも
やっぱり
一人は寂しいんです



 
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR