ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 丹後・越前旅日記その一! | main | いよいよ、ハロウィン本番! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.10.31 Monday

丹後・越前旅日記その二!

《片山津温泉》に着いたのは、夕方の六時過ぎ、
初めて使うナビゲーターを便りに、進んできたけど、
指示通りの進行方向が、工事中で通行止め、
結局、携帯でホテルの場所を聞き、
何とかチェックイン!

以前、テレビの旅番組で紹介されていた宿なのですが、
テレビで見るのと、実際見るのとのギャップは当然のことかも!
ここは、夕食もバイキングなので、
偏食の多い世詩絵にはうってつけですが、
あまりにも騒がし過ぎて、
ゆっくり食事を楽しむ気分にはなりませんでした。

何はともあれ、旅の夜は更けて、
翌朝も晴天の模様。
最高のドライブ日和になりそうです。

最初に向かったところが【永平寺】
ここは曹洞宗大本山で、
僧侶の育成と壇信徒の信仰の源となっているお寺です。
深山幽谷の地に70からの建物が建ち、
とてもすべてを見て回ることは出来ませんでした。





★この絵天井がすごかったです。
 昭和五年に描かれた、144名の画家の手による230枚の色彩画です。



この後は、お天気が良かったので、
【越前海岸】に向かい、“梅浦”という海岸に出ました。
日本海の海は、まだ波静かで透明度は半端じゃありません。




少し新潟よりに進んだら
《呼鳥門》(あちょうもん)
と言う場所が見えたので、
ここで下車して少し散策。
前方に見えるトンネルのような岩は、自然に出来たもので、
以前は、この下に道路があったのだそうです。
ここは、《越前水仙》でも有名な場所で、
二月頃には、越前水仙の群生がみられるらしいです。




時間は一時近く、
遅めの昼食を食べる為にドライブインには入り、
焼き魚定食とお造り定食を頂き、
出発の前にトイレを拝借。
ところが、ここのトイレがすごかった!
個室すべてが、“坪庭づくりの和風トイレ”なんてねぇ〜!
ドアを開けて目が点になりましたよ!
(男子トイレも同様らしいです)





さて、ここからは海岸線を走りながら、
次の目的地【東尋坊】へと向かいました。
ここも有名な観光スポットなので、
平日でも、観光客は大勢いましたが、
日曜・祭日の混雑を思うと、やっぱり余裕があります。
ここで残念なことに、デジカメの電池切れが発覚。
何とか撮れた写真はこの一枚だけ。
まったく東尋坊らしくないです。




名所巡りはここで終わり、
あとは、北陸自動車道に入り、
帰宅したのは六時頃でした。

全行程を一人で運転してくれた主人に感謝、感謝です。

2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR