ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 作品展の予告! | main | ああっ、ケーキってやっぱり美味しいねぇ〜! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.10.23 Sunday

SAKEまつり2011!

世詩絵さん、今週末は大忙し!

《コラボ展》《押し花作品展》《SAKEまつり》《新米配達》
そして予定外の《ねおかんお茶会》と、
動き回って目が回りそう!

まずは、22日に出かけた《SAKEまつり》の模様!
お隣上越市のイベントです。
上越・妙高の18蔵元といろいろな食べ物屋さんが、
仮設のお店を出しているのです。
もう何年も前から開催されているのですが、
出かけたのは今年が初めて。
自他共に認める“飲んべいおやじ”の保護者兼運転手で、
夕方四時頃に会場の本町通りに入り、
(駐車場が満車で少し遠い親戚に止めてもらい)
まずは、“これ”を1000円で買い求めます。



この猪口を持っていれば、各酒造店のお酒が飲み放題なんです。
(しかも二日間有効)
なみなみとは注いでくれませんが、
回数を増やせば、結構な量がのめますね。
五時頃には、長い本町通りが人で一杯になり、
蔵元のブースは人だかりで、
猪口を差し出す手があとを引きません。





端から端まで行って帰って来るまでに、
飲んべい親父の猪口は、何回口に運ばれたんでしょうね。
すっかり、ご機嫌になっていましたよ。
地元贔屓というのでしょうか、最後には、
“やっぱり、鮎が一番だなぁー”とのご感想でした。
私はと言えば、元々下戸ですから、
アルコールには全然興味が無く、
もっぱら食べる方に気がいって、
新聞の前宣伝で知った、“イエロー焼きそば”と、
赤倉温泉の“レット焼きそば”を買い求め、
食べ比べてみました。
“普通のソース焼きそばが一番だなぁ〜”が本音!



そしてこれが、
SAKEまつりのキャラクターで、
“歌瀬吟(女の子=うたせぎん)と虎珀(トラ=こはく)”だそうです。
この萌えキャラの人気が意外と高いらしい。

2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR