ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 上高地へ | main | “はろまこプロジェクト”のテレビ取材! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.09.20 Tuesday

桂池から黒倉林道へ

今年は、平丸の深山に行く機会が少なく、
久しぶりに山道を走ってきました。
集落の市道を通って、山に向かうのも久しい事です。

岩崎橋を渡って、
つづら折りの急な坂道を登っていく途中に、
”びょうぶ岩と滝”が左手に見えて、
その先に“木曽清水”が有り、
まずは、“桂池”を目指して走ります。

★桂池は水位が随分低くなっていましたが、
 深緑の水面は、釣り人の誘いにも動じることなく、
 静かに佇んでいました。
 木々の紅葉は、まだまだ先のようです。




桂池を横目に、一番好きな場所にたどり着き、
しばし眼下の“信濃平”の景色に見とれて一息!
誰がなんてったって、
ここからの風景は、世詩絵のお墨付きですから!
絶対見逃せないんです。


★まだ刈り取りの始まっていな田んぼは、黄金色の絨毯を敷き詰めたよう
 この日は、澄み切っていた空気のせいか、はっきり見渡せました。
 ハンググライダーは、生憎一機も飛んでいませんでしたが、
 トンビが一羽、悠々と飛翔していました。
 銀色のススキが、深まる秋を告げているようです。
 





久しぶりの景色を、目一杯堪能して、
車は元の県道に戻り、
途中から、“黒倉林道”へ入って行きます。
愛車の軽自動車は、息切れ状態でも、
頑張って、次の目的地“ぶな林”へと登って行きます。


★ここは何時来ても幻想的で、非現実感をモロに感じます。
 真夏でも、林の中は冷気で涼しく、
 生い茂った葉影の隙間から、
 “光芒”が地上に直線を突き刺しています。  




ここまで撮ってきたら、とうとうデジカメは電池切れ!
ぶな林の写真もこれ一枚きりで残念!

この後はいつものコースで、
黒倉林道が去年全線開通したので、
“よし八池”から “光が原高原”へと走り、
板倉を通って帰ってきました。
半日コースですが、見所が一杯なこのドライブが大好き!


2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR