ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サギソウ | main | 上高地へ >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.09.16 Friday

日の出と残月!

 稲刈りが最盛期を迎え、
お天気の良さに、作業が順調に進んでいます。
早生種が終わって、
いよいよコシヒカリの刈り取りがはじまりました。

今朝五時前に、コシヒカリの角刈りに出かけ、
まだ暗い中、作業を初めて30分ほど経った頃、
東の空が明るくなってきて、
日の出を迎えました。
家に居たら、この景色はなかなか見られないので、
思わず、作業の手を止め、
カメラのシャッターを押し続けちゃいました。
(デジカメ持参のところがすごい)








反対側の西の空には、
夕べの《居待月》が、まだはっきりと姿を見せて、
名残惜しそうに下界を見下ろしています。






【日の出と残月】の間にいる、真ん中の“妙高山”は、
朝雲谷の中、
頼りなさげで稲穂の間に見え隠れしています。




2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
こんにちは。
本当にそうですよね。
早起きは三文以上の価値がありますものね。
日の出と同時に朝焼けに染まる東の
空に、思わず一日の幸せを願ってしまいます。この瞬間に出会えた
世詩絵さんが羨ましいです。

台風の被害もなく無事だったカボチャさんや稲刈りをする事ができ何よりでしたね。
「矢代米」を検索して見ましたら
今年はどうやらどこも完売の様子。
仕方がないですね、日本が元気に
なるまでは。
  • のこちゃん
  • 2011.09.17 Saturday 17:31
>のこちゃんへ
日の出と残月を、この田園の中で同時に見れるのは、一年に一回しかないので、やはりこの景色に見とれてしまいます。自然の美しさをモロに感じる瞬間ですね。

私は今、新米のJA検査場でバイトをしているのです。例年なら前年度の米も結構残っているのですが、今年は倉庫の中は完売だそうです。わが家も、頼まれ米と余分米を確保しているのですが、足りなくなるかもしれません。
日本が元の元気な姿に戻るのは、何時なんでしょうね。
  • 世詩絵
  • 2011.09.18 Sunday 19:30
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR