ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スイカとゴーヤ! | main | ハロウィンカボチャは今! >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.22 Friday

【まちづくりサポートセンター】って知ってる?

妙高市(旧新井)の朝日町通りに、
【まちづくりサポートセンター】という場所が有ることを知ってますか?
そこは、第四銀行と西脇電気さんの間に有ります。
世詩絵もつい最近知ったので、ちょっと覗いて来ました。
入口に立って見ると、何処かの事務所のような雰囲気で、
ちょっと入りづらい感じでしたが、
そこは、遠慮の二文字が辞書に無い世詩絵なので、
早速入って、責任者の方の話を聞いて来ました。




中心市街地が、人通りも少なく、年々寂しい街中になってきて、
昔の賑わいを感じるのは、朝市の午前中だけという現状に、
“なんとかせにゃあかん!”と言う思いで作られたそうです。

赤倉・池ノ平温泉等に遊びに来てくれた観光客の皆さんを、
六・十朝市に案内する際の、休憩所にと設置されたとか。
同時に、朝市に買い物に来た市民たちの、
憩いの場として、活用してもらおうという主旨もあるそうです。
センター内は、
腰掛けて休める用に、イスとテーブルが設置されています。




カフェ等の設備は無いのですが、
おやつや飲み物を持ち込んでも良いとのこと。
ここには、妙高の名産品が置いて有り、買い求める事も出来るんです。




そして実は、
ここにはこんなコーナーも有るんですよー!
それは《手工芸品コーナー》です。






あはははははっ、ばれたかな?
そう実は、これを紹介したかった訳ね。
(ここだけ見てもらえば良いなんて決して言いませんよ・・・・・・言いませんとも・・・・・)

世詩絵の作品も、もちろん展示即売しています。
“あらい道の駅・くびきの情報館・手芸コーナー”の出先機関でもあるので、
同じ品物が並んでいますが、ここにしか無いものも数点有りました。



★ちょっとここだけの話(気になったところ=勝手な言い分)
 
 名前が親しみづらいね。(センターなんて固すぎ)
 テーブルが一セットというのは、相席になっちゃってちょっとヤダ。
 休憩スペースが狭い。(だから入りづらい)
 周知活動が足りないと思う。(市民で知ってる人何人かな)
 
 
 
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
世詩絵さん
ご意見ありがとうございました。もっと気楽に使って頂く為にいろいろ考えてみます。中心市街地、商店街がそうあり続けるために何が必要なのか、いろいろ考えています。どうしたらいいですか?これからもご意見ください。
>オーダーメードさんへ
先日は、話を聞かせて戴きありがとうございました。
そして、私の手芸品を販売して戴き、お世話になっています。

中心市街地が、昔の活気を取り戻せる為になにをしたら良いのか、私にも良く分かりません。
でも自分が、街中へ行かなくなったのはなぜなのかと考えたら、第一は、車で移動するので、目的の買い物をする店が、郊外の便利なところに有るという事でした。しかし、衣類を買うのは、下町の洋服店なのですね。化粧品・地酒なども中町へ買い行きます。六十朝市は、ほとんど行かないです。(野菜を作っているので、たまにどら焼きを買いに行くくらい)
私は、友達と待ち合わせをする場所に、くびきの情報館をよく利用しますが、休憩スペースが広く、安く飲食も出来、きかねなくおしゃべりが出来るところが、すごく気にいっているからです。
  • 世詩絵
  • 2011.07.28 Thursday 09:00
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR