ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.08.12 Thursday

やっぱり冷たいデザートが食べたい!

台風が来ているので、
今降るか、もうすぐ来るだろぅ〜! と
“恵みの雨”を待っているんですが、
時々ざざーっと降っては、止んでしまいます。
カラカラにひび割れた畑には、全然足りません!
テレビのニュースでは、豪雨の模様を放映していて、
雨が欲しいなんて、大きな声では言えませんが、
でも、でも、新潟県の上越・妙高地方は、
本当に一雨欲しいんですよー!!

曇っていても、暑いのには変わりなく、
ついつい、冷たい飲み物に手が行きます。
冷蔵庫の製氷器はフル稼働していても間に合いません。



★さてそこで、こんな物作って食べてみました!

1干し柿の冷凍を紅茶漬けにします


2市販の無糖ヨーグルトを掛けます


3その上に、焼酎で渋抜きした柿(さらし柿)を冷凍しておき、
 半解凍して、中身を出してを乗せました


 
※干し柿のしつこい甘味が緩和されて、
 さらし柿の風味も口の中に広がって、
 やさしい“冷菓”になりました。



2010.06.13 Sunday

田上がりの節句!

 この時期は各地区で、
日を決めて《田上がりの節句》があります。
春の大仕事である“田植え”が終わり、
一安心して今年の豊作を願う行事です。
今は、大体六月の第一週と二週の土日が多いようですね。
世詩絵の地区は、12日13日です。
農休日でもあるから、この日は農作業はお休み!

そして、各家庭で作る《笹団子》《チマキ》《笹餅》は、
懐かしい“おふくろの味”ですね。
最近は、作らない家庭の方が多いようですが!
実は世詩絵んちも、今年は作りませんでした!


でも、我らが《わが家の味プロジェクト》チームは、
今年も特製の《笹団子》を作りました。
すべて手作り、特にあんこを地元産の小豆で作りました。





そして毎回、みんなで集まって作業するときのお楽しみの一つが、
みんなで食べる昼食!
なんと今回は、“ねおかんのコックさん”手作りの“ピザ釜”で焼いた、
これも特製の“手作りピザ”!


★こんな簡単?な耐火練炭を積み上げただけで、
 ピザ釜が出来るなんて、信じられませんよー!






★サラミ・きのこ・魚介の三種類のピザが焼けて、
 チーズが溶けた熱々のを、口に入れた最初の感動は
 とても、その旨さを言葉じゃ言い表せません!






★今ちょっとブームの《ポテトサラダ》!
   もちろん、“マヨネーズ”も手作り!


ワラビ・ほうれん草・スイスチャードのお浸し!
  こちらも“ポン酢”が自家製の手作り!





そして、これは先週“笹の葉採り”の作業日の賄い食!
コックさん自慢の《パスタ+サラダ定食》です。
ソースも、ドレッシングもすべて手作りの賄い食なんてある?




※初夏の青空が広がる庭先で、
 川風が心地よく吹き抜けていき、
 鳥のさえずりのBGMが流れていく自然の中で、
 こんな美味しいご馳走が食べれるなんて、
 これは、至福の贅沢じゃないでしょうか?
  都会の豪華なレストランに、勝とも劣らないランチタイムです!

2010.04.17 Saturday

つけもの(漬物)!

何でこんなに寒いんでしょう!
妙高高原地区では、雪が降っています。
今年も異常気象なのかなー!
野菜の高値が、連日ニュースになってますね!
妙高のスーパーでも、キャベツが400円もするとか!
“五月菜”も、ちっとも伸びてくれないから、
なかなか量産出来ません!
桜だけは、開花が長持ちしてますけど!





突然ですが、これは【つけもの(漬物)】 です!
       (盛り付けの雑さには訳あり)
明日分かるかもよ・・・・
どう?美味しそうですか?

向かって右が、 
《野沢菜のとうなの浅漬け》
今が旬の、この時期だけの限定品!
塩・調味料・七味で漬け込んであります。
賞味期限は短いです。

真ん中が、 
《大根の甘酢漬け》
去年の12月に漬け込んだ、そろそろ終りの一品!
(世詩絵の冬場の唯一の漬物)

左側が、 《夏野菜のとめ漬け(塩だけで漬ける)》
“紫蘇の実”などで再度味漬けをした絶品!
キュウリ・ナス・ピーマン・生姜材料です。
実は、頂き物!

どれも美味しいとの評判!
でも・・・・・・・・・・・実は・・・・・・・・結構有名な話?ですが


世詩絵は漬物が苦手!                                                    
            
       梅干・粕漬け・らっきょ漬けも駄目!
                                                                             
                    変人扱いされます!
                                  
                             
だって嫌いなんだもん!
                                                   
                漬物だけじゃ、絶対ご飯食べれません!
                             
                                       
  食わず嫌いとも言われるけど!

                            
良いじゃん! 漬物なんて食べなくっても死にゃせん!
                                                
                     だから
                       
                         食べて無いから、味はわかりませんけど
 何か!

2010.04.09 Friday

春の香りが届きました!

鹿児島の友達から、今年も《初物》が届き、
嬉しい【春の香り】を頂きました。
南国は、やっぱり季節が早いなぁ〜!

          初物を食べるたびに、寿命が三年延びているけど、
 
          寿命の縮む思いも、結構多いからねぇ〜!
         って、このコメントいる?
         だって、頭に浮かんじゃったんだもん!



《孟宗竹の子》《新ジャガイモ》《わかめの塩漬け》
この柑橘類は《ザボン(文旦)》かな???
外見?の割りにすっごく甘かった!

なんて見事な《竹の子》なんでしょうねぇ〜!
そして、根元まですごく柔かいんです!

早速、 《煮物》で頂きました!
シンプルに、“人参”と“仙台麩”だけで作ってみました。
ううっ〜ん、旨い!



最近のわが家の煮物に欠かせないのがこれ!
“仙台麩”(あぶら麩)です!
JAの食材でお取り寄せの一品です。
乾燥のまま、煮汁に入れられるから便利なんですよ!

2010.01.23 Saturday

【松前漬け】を作りました!

 以前にも記事にしたかもしれませんが、
今年も【松前漬け】を作りました!
本来なら、おせちの一品なのですが、
世詩絵は大体、お正月が過ぎた頃作ります。
(なぜかって?・・・・・・食べるのは主人だけなのでね  正月って忙しいしぃ〜)

作り方は、ご存じ方も多いとおもいますが、
大体こんな感じ!
《いえあじ》の取材を兼ねて作ったので、
詳しくは、
いずれ《わが家の味プロジェクト》サイトに載ります!
                                        (編集長 早めに載せてね!)


★材料は、切り干し大根・スルメ・ダシ昆布・人参・数の子
       だし汁(醤油・みりん・酒・砂糖・タカノツメ)



★ひたすら、材料は細切りにします
 だし汁を煮立てて、冷めたら切った材料を付け込みます




★一晩味を染みこませたら出来上がり!
   24時間たった方が美味しくなっているはず!



※ところで、今年有る筋から
 松前漬けの原型だと言われる、
 《いか人参》の作り方を教わりました。
 福島県の郷土料理だそうです。
 材料は、人参とスルメ(有れば数の子)!
  やっぱり細切りにして、だし汁に付け込むだけ!
  スルメは、酒の肴にする“さきいか”でも良いそうですよ!
 
 

2009.07.13 Monday

食卓も夏メニューに衣替え!

相変わらずぐずついたお天気が続き、
じめじめとして、不快指数が高いですねぇ〜!
まだまだ、梅雨明けは先のよぅ〜!


でも、畑の夏野菜の収穫も、序々に増えてきて、
毎日の食卓は、
すっかり【夏野菜のメニュー】に衣替えしています。
毎年同じ料理で、進歩もないのですが、
この時期になると、
食べたくなる夏野菜メニューです。




★肉じゃが(もちろん新じゃが)
★トマトのらっきょ酢漬け
★ブロッコリー・キャベツ・玉ねぎのサラダ
★マーボーナス
★きゃらぶき
★秋刀魚の三五八漬け (今日の一押し)
★モロッコインゲンのゴマ汚し



★キュウリとモロッコののっぺ



★ねばねば三兄弟(オクラ・モロヘイヤ・つるムラサキ)



※野菜がすべて自家製ってお得だね!
 後は、カボチャの煮つけと、スイカのデザートがあったら、
 何も文句なしかな!
  夏ばて防止に、
  今週末は、土用丑の日で《うなぎ》が定番だけど、
 スタミナ料理は、野菜でも十分出来るよね!



   ◎わが家は、主人のメタボ対策で“揚げ物”が激減!
       肉料理は、息子のためには欠かせない!
                おケイさんには、柔らか系を!
           世詩絵用には、魚料理が必須なんです





☆明日からバイトが始まります。(七月末まで)
 記事更新も遅くなるかもしれません。
 でも、がんばるから見捨てないでね!       
         

                

2009.06.08 Monday

自信作の【笹だんこ゛・チマキ】です!

 

去年に引き続き、 【笹だんご・チマキ】の予約販売を実施しました。
《わが家の味プロジェクト》の年間行事の一つです。
ネット上の、文章・写真・動画では、どうしても味が伝えられないので、
実際に食べてもらおうという趣旨で、作ってみたのです。
去年は、初めてで皆さんの講評が分からず、
ちょっと引き腰で作っていたのですが、
今年は、自信満々で作りました! 





手前味噌・自画自賛ですが、
“やっぱり旨いねぇ〜”が、作り手全員の意見です!
小豆(北海道産)とスゲ以外は、すべて地元産の材料を使っています。

しん粉・もち粉・もぐさ・きなこ用大豆・笹
特に、もち粉ときな粉は、自粉器で挽いた自前ですから!
もちろん、儲け度外視の安心価格ですから、
買ってくださった方は、満足していただけたと自負しています。



※わが家の味プロジェクトの活動で、楽しみの一つが これ!
 ねおかんのコックさんが作ってくれる《賄い食》



今回は、二種類のパスタ・メロン入りの野菜サラダ
ほうれん草入り豚汁・Sさん差し入れの杏仁豆腐のデザートでした!
もちろん、おやつのお茶請けは、笹だんごとチマキの試食付き!


★次回、この【笹だんご】が食べれるのは、ここだよ!
   盛りだくさんのメニューがそろっているから、ぜひ来てね!

 

 

2009.05.28 Thursday

【いのやまささげ】ってこんな食べ方!

甘く煮て食べる《ささげ》って言う豆は、誰でもご存知ですが、
 この【いのやまささげ】って言う豆は、
秋に実が熟したら、サヤごと乾燥させて、
そして、そのサヤごと《煮物》で食べれるんですよ!
 
それがなんとも言えない美味しさなんですよ!
ただこの食べ方は、おケイさんから教えられた料理で、
他所ではあまり食べたことは無いんです。
完熟のサヤを食べるなんて、知らない人も多いのでは!









上手にきるコツは、サヤが開いて中の豆が飛び出し易いので、
多目のだし汁に材料を並べ、
落し蓋をして、絶対かき混ぜない事です。



以前《田植えのご馳走》には、欠かせられないのが《煮しめ》でした!
身欠きにしんと切干大根が不可欠で、
今回はこれに、ちくわ・こんにゃく・人参・しいたけ・高野豆腐で、作ってみました。
あとは、姫竹の子が入っていたら、もう何も言う事は無いです!
ご近所助け合って、手で苗を植えていたあの頃は、
手伝いに来てくれた人たちに出す、
こびり(おやつ)と昼餉のおかずは、母ちゃんたちの大仕事でした。
実家の母は、田植えの二日間は三時に起きて、
台所で賄い料理を作り、一緒に田植え仕事をして、
昼休みなんて全然なくって、それは、それは大忙しだったのです。

いまの田植えは、機械でダっーと植えて、はいっ、終わりです!
二日かかっていた場所は、半日で植えてしまいます。
端植えも、手直しも全然しません!
この30年間で、農業ほど進歩(変化)した仕事は無いのでは!




2009.04.19 Sunday

本格的な【味噌づくり】!

昨日は、《ねおかん》のこだわり食体験【味噌づくり】 に途中から参加!
なぜ途中からかと言うと、公民館の掃除があったからと単純な理由!

世詩絵が着いた時には、すでに大豆は挽いて、
余熱を取るために広げてありました。
今回のポイントは、《もち豆》という大豆を使用することです。
おケイさん曰く、
“味噌は、もち豆で作ったものが一番美味しい”といいます

ちょうど、お茶の時間だったので、世詩絵も一杯いただき、
さあっ、最後の作業に取り掛かります。

大豆の上に、麹と塩を振れ入れ、(麹も手作り)
三者をよーく混ぜ合わせます。
この混ぜ合わせが肝心!



ムラ無く混ぜ合わせたら、【味噌玉】を作ります。



今は、このまま樽などの容器に仕込みますが、
以前は、麹・塩を入れる前に、この【味噌玉】を作り、
そのまま一週間ほど乾燥させて、
また、味噌玉を壊し、麹・塩を混ぜてから仕込んだのです。
この作業は、乾いた味噌玉はほぐれなくって、
麹と味噌が混ざり難く、手はすごく冷たくなって、
中腰だから腰が痛くなり、それは大変な仕事でしたね。

今回は、各自で必要量を持ち帰り、
自宅で寝かすことになり、
出来上がり具合を見ることになりました。
一年後、早ければ今年の12 月には、
美味しい味噌が出来ているはず!


★さて、時は春!
  “ねおかん”隣の農村公園の桜が満開で、ちょうど見ごろでした。


 
コックさんの用意してくれた“お昼”は、
“もち豆味噌”の付いた“焼きおにぎり”と“味噌汁”付き!
お花見気分のランチタイムは、楽しいお喋りの場と化して

視線の先には、桜の花びらが舞初めていました。

 





2009.04.10 Friday

初物は三年長生きするんだって!

鹿児島の友達から、春の香りが届きました! 
【竹の子】【新ジャガイモ】【採りたてわかめ】 です! 
どれも、妙高ではまだまだ採れません! 



特にこの【竹の子】が、すごい!大きい!柔らかい!
さっそく、茹でてアクを取り、《煮物》と《炒め物》で頂きました。

★煮物=====薄味で厚揚げとがんもどきだけで!
                    お気づきの方いますか?、そうです、この器はあれです!



★炒め物=====五月菜・豚肉・タマネギと一緒にニンニク醤油で


うぅ〜ん、春の香りが口の中いっぱいですぅ〜! 
旨かったよー! 美味しかったよー! 
初物を食べると、三年長生きできるって言うから、
世詩絵の寿命は、103歳になっちゃいましたー!
まだ、ジャガイモとわかめもあるんだよねぇ〜!
どうしょう〜、これ以上長生きしたら、やっぱ困るよなぁ〜! 



あっ、そっかー!
どこかで、寿命が縮む思いをすれば良いんだね!
なるほど、名案じゃなー! ・・・・・・・・・・・・・って何する気だ君は!

Powered by
30days Album
PR