ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.08.22 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.12.08 Thursday

冬野菜料理!

寒くなったり、暖かくなったりと、
寒暖の差が激しい今年の初冬ですが、
例年より全般的に気温が高い気がします。
雪国新潟も、
そろそろ、初雪が降って来る季節なのに、
まだ気配が有りません。
(中山間地では降ってるんですけどね)

畑に残っている野菜を、
いつ全部取り入れようかと思案中!
何年か前に、
小雪で真冬でも、畑から収穫出来た年も有るのでね。

そんな12 月の初旬の晩ご飯は、
やはり、【冬野菜中心のメニュー】ばかり。

★破裂したキャベツどっさりの煮込みスープ
 玉ねぎ・舞茸・鶏団子・カニ・ベーコン
 塩・ニンニク・コンソメ・和風だし・醤油少々
 


★野菜炒め 
 カリフラワー・オータムポエム・竹輪・ウインナー
 塩こしょう・ごま油



★和え物
 春菊・カラシナ・塩昆布・オリーブオイル



★野沢菜の漬け物




★野沢菜納豆
 野沢菜の葉の部分を刻んで納豆と混ぜる
 
(おケイさんの大好物)

 
2011.11.30 Wednesday

切り干し大根再度挑戦!

先回、
手間暇掛けて作った《切り干し大根》が、
みんなカビか゛生えて駄目になっちゃったので、
あまりにも残念で、ガッカリして、
引き続き作る意欲をなくしていたのですが、
畑の大根が豊作で、
生で食べるには量が多すぎて、
雪の下にして、正月に収穫しようかとも思ったのですが、
それも寒いし、大雪になると掘り出すのも大変。
まぁっ、気を取り直して、
再度【切り干し大根】作りを始めました。
今度は、
ちゃんと出来上がることを祈りつつ!

さてお天気は・・・・・・・・・・今日は雨
うぅ〜ん
でも、夜は暖かくは無いし、
時期的に寒暖の差は大きいし、
たぶん大丈夫たと思うんだけどなぁ〜!

【切り干し大根】ってほんと手間ひま掛かるんだよねー!



 
2011.10.23 Sunday

ああっ、ケーキってやっぱり美味しいねぇ〜!




新米を配達中に、
突然メールが届き、お茶会のお誘いに、
ケーキと聞いてごくんと喉を鳴らしたら、
なんと、雨が降ってきて、
米の配達は急遽取りやめとなり、
それじゃとばかりに、すっ飛んでいきました。
煎れたてのコーヒーの薫りと、
口の中で溶けていく生クリームが、
思いがけない至福の時を過ごさせてくれました。
Mご夫婦に、感謝、感謝です。
 
2011.07.04 Monday

簡単ブルーベリージャム!

苗を植えてから、10年程経つ【ブルーベリー】が、
たった二本しかないのですが、
今年は豊作で、
毎日摘み取るのが日課になっています。
今までは、そのまま生食で頂いたていたのですが、
今年は、量もあるので、
初めて【ブルーベリージャム】を作ってみました。
(ジャムの中でブルーベリージャムが一番好き)
あまりの簡単さに、感動すら覚えてしまいました。


★今年は大粒でビックリ




★取り損ねた完熟の実は落下してしまい、勿体ないです。
 しっかり防御したので、“カー君”も採れないのよねぇ〜!




この摘み取ったブルーベリーは、
 洗ったら砂糖と一緒に鍋に入れ煮立てると(水は入れない)、
 じきに水分が出て、実は原型をとどめずとろとろになります。
 少し煮詰めて冷ますと寒天で固めたようになります。
 調理時間は、40分ほどでしょうか。
 
 
 




★出来上がった【ブルーベリージャム】
 わが家では、ヨーグルトに載せて食べるのが定番!
 市販のジャムより、ずっと濃厚で美味しかったです。

 
2011.06.20 Monday

恒例・笹団子づくり!

《わが家の味プロジェクト》の恒例行事である 、
【笹団子づくり】を18日に実施しました。
笹取りは、先週雨の中で取り終えてあり、
今回は、あんこの計量から始まって、
草餅にあんを包み、それを笹の葉に包み、
スゲで縛って、蒸して出来上がり!
毎年のことなので、
手際の良いことは、年々向上しているようです。





なんてったって、この“小豆餡”の旨さは、
食べた人じゃないと分かりませんね。
とても、言葉で説明出来る美味しさじゃないんです。
材料は、すべて地元・国産ですから、
安心・安全は、保証付!





昼食(賄い)は、会員総意の《豚どん》をシェフにオーダーーし、
この日特別に作ってもらいました。
高級豚肉に、丸秘のタレが絡まって、
それを白いご飯と一緒に食べると、
口の中に、し・あ・わ・せがいっぱいひろがるんです。
(半分これが目的のイベントだったりして・・・・・)






午後三時までに、予定の400個を作り終え、
その後は、 《ほかほか笹団子カフェ》で、
コーヒーアート付きのカフェラッテを頂きながら、
わいわいとおしゃべりを楽しんで、
今年の、笹団子プロジェクトも無事終了しました。





2011.02.24 Thursday

【大吟醸】って旨いの?

さて、あなたは“いける口?”って聞くと、
もちろんお酒が飲めますかって事なんですが、
世の左党族は、お酒談義が始まるともう止まらない!
あの銘柄がどうの!
この蔵元は美味しいだの!
新潟県は、特に日本酒が名産の地域なものだから、
皆さん、それなりのうんちくをお持ちのようです。

正月からわが家には、こんなお酒たちがお目見えしています。
いわゆる《地酒》って言われるお酒ですけど、
珍しく種々様々な日本酒が集まりました。

まずは【特選大吟醸鮎】 
※精米歩合    40%(酒米:山田錦)
 アルコール分  17度
 飲み方      冷やが常温


妙高市の三つの蔵元の一つ、
《鮎正宗酒造》の季節限定販売品です。
たぶん、一番高い酒なんじゃないかな!・・・・ 頂き物です!
(下戸の世詩絵には、どんなに高くっても価値無いんですけどねぇ〜)

主人は、何時封切りするか思案中らしい!


普段の主人の晩酌は、こちらの純米酒を嗜んでいます。
(アルコール何でもオッケーでも、一番は日本酒らしい・・・・・違いの差は微少)


【本醸造鮎正宗】
※精米歩合    65%
 アルコール分  15度
 飲み方      冷や又は燗




先日まで飲んでいたこの【純米吟醸生酒 越乃初鮎】は、
口当たりが良いらしく、
余り日本酒を飲まない息子も気に入って飲んでいました!

※精米歩合    50%
 アルコール分  16度
 飲み方      5〜15°の冷酒




その息子は、どっちかというと“焼酎派”なので、
この【本格焼酎 輪月】をお取り寄せしました。
《鮎正宗酒造》が、初めて製造した湧き水仕込みの焼酎です。
向かって左が、“樫樽貯蔵熟成”の【輪月】です
これも、今なら購入出来る限定販売品!


※材料 酒粕・米・米麹
 アルコール度 25度




まだまだ他に、【濁り酒鮎のさくら色酒】【雪中貯蔵酒】とか、
色々な種類の日本酒が有るようです。
(鮎正宗さんの回し者のようですが、他意は有りません・・・念のため)



でも、全国的には、この【雪中梅】の方が有名なんでしょうね。
一時期はなかなか手に入らなかったけどねぇ〜!
最近は、よく見かけます。





★飲んべいの気持ちは、理解不能な世詩絵ですけど、
 自称“宴会娘”なので 飲み会って大好きです。
 お酒が飲めなくっても、“太鼓持ち”は出来るんですねぇ〜!
  ご用命の節にはぜひご一報!

2011.02.10 Thursday

絶品【漬け物】!

 ちょっと!ちょっと!
【漬け物】好きのそこの人!
これ!これ!
この【うんまい漬け物】食べてみないかねぇ〜!
ホント、絶品なんだわぁー!
これぞまさしく“おふくろの味”って言う手作り品!

一口食べたら、“わっ、美味しい!”って言うよ!
二口食べたら、“ちょー、うまい!”って叫んじゃう!
三口食べたら、もう何も言えない!

ってほどの【漬け物】を、ご紹介しちゃいます!

★《ビール漬け》(上)と《鉄砲漬け》(下)





★《鉄砲漬け》は、白瓜のなかごをくり抜いて、
 人参・辛こしょう・青じそが入っています。



大きな声で自慢しちゃったけど、
これ、世詩絵の作った物じゃ無いんです!
友達のお姑さんが、丹精込めて作った自家野菜を、
丁寧に、一場漬けから本漬けして、
三ヶ月味を調えて、食べ頃になったものを頂きました!
(だから作り方は分かりません)
《漬け物》には目がない主人が、絶賛した一品です。
思わず、舌鼓を打っていましたから!
どう、あなたも食べたくないですか?



※昔ならねぇ〜(おケイさん世代)
 どこの家庭にも、その家独特の《漬け物》があって、
 同じ“たくあん”でも、各家庭の味があり、
 それぞれ味が違ったのが当たり前でしたよー!
  “わが家の味が一番”なんて密かにみんな思ってたよねぇ〜!
 晩秋の頃、“たくあん”“野沢菜漬け”“白菜漬け”“奈良漬け”など、
 大きな樽や桶に仕込んでいる、母の姿が思い出されます。

 最近は、スーパーで買って来る主婦も多くなり、
 均一した味の《漬け物》が、食卓に並んでいるのが当たり前!
 こんな“自家製の漬け物”って貴重品なんじゃないでしょうか!
 きっと、都会ではなかなか食べられないかも!
2011.01.07 Friday

わが家はお雑煮!

昨日は《小寒》(寒の入り)で、
今日は《七草がゆ》を食べる日で、
正月の行事・儀式もまだ続きますが、
世詩絵んちは、
《七草がゆ》を食べる習慣が無いんです。
今日は《お雑煮》なんですねぇ〜!
(嫁いで来た時からずっと)
三が日も《お雑煮》ばかり!
(最近はさすがに三日目はご飯にしていますが)
この後、
11日の《鏡開き》も、
15日の《小正月》も、
20日の《女正月》も、
今ではみんな《お雑煮》です。
なんでだろぅ〜なんて深く考えた事も無いのですが、
たぶん、お餅が沢山有って、甘い物が好きじゃ無いって事かも!
来た頃は、《お汁粉》も食べましたけど、
最近は《お雑煮》一辺倒です。
味付けも具材もほぼ一緒!

皆さんのお宅はどうなんでしょう?


★お餅も、こんなビニール袋に入れて保存します
 “のし板”“のし棒”なんて何処に置いたっけ!



★自分の家で餅つきをしない家庭は、こんな市販の餅を購入!
 餅米を作らなくなった事も一因かも!



★《お供え》も手作りから市販品に変わって久しいです。
 簡単・便利・衛生的って事でしょうか。




昔はね、《寒餅》なんて言って、
“大寒”の頃にも餅つきをしたんですよ!
この餅は、“あられ”“かき餅”に加工する方が多かったけどね!
おケイさんが若かりし頃には、
“春祭り”“節句”“お盆”にも、“餅つき”をしたそうです
餅は、お祝いには欠かせない食品だったんですね。





※閑話休題

寒に入ったとたん雪が降り出して、
昨日今日と、まとまった降雪がありました。
ローカルニュースや新聞では、
山間地の積雪量が、60センチほどあったと報じていましたが、
世詩絵の住んでいる妙高市・飛田地区では、
今朝の積雪は20センチほどでした。
除雪車は通りましたが、
車庫から車が出なくなるほどの事はなく、
除雪作業も、
ちょっと体操気分で出来るほどの量でした。
今も降り続いていますが、
みるみる積もる降り方じゃ無いから、
明日の朝も、
そう心配しないでも良いのではないかと、楽観しています。

明日から三連休ですが、
お天気が良かったら出かける予定!

 
2010.10.31 Sunday

久々に【わが家の晩ご飯】!

秋も深まって、
実りの季節ど真ん中です!

今年は、春夏野菜が不作で、
価格が高騰して、
庶民の生活を圧迫していましたが、
秋野菜は、
その後の恵みの雨で、今のところ順調です。

さて、世詩絵ファームでも、
夏野菜の終わりと、秋野菜の始まりが重複して、
【わが家の晩ご飯】はこんなメニュー!



紫丸・・・・・・ナスピーマンの肉詰め揚げ

黄丸・・・・・・マコモタケとモロッコインゲンのバター炒め
        ガーリック味

青丸・・・・・・煮物(大根・人参・里芋・厚揚げ・高野豆腐・練物)

緑丸・・・・・・カブの甘酢漬け(ユズ風味)

赤丸・・・・・・野沢菜の浅漬け

桃色・・・・・・白ササゲの煮豆

水色・・・・・・梨

写真には載って無いけど、この他に“お刺身盛り合わせ”あり!
もちろん、ご飯は、“矢代産コシヒカリ”の新米!
 
※青字が自家野菜です
 キャベツ・白菜・ほうれん草・チンゲンサイも出番待ち!



まぁっ、特に目新しい料理じゃ無いんだけど、
(表題を見て期待した方にはごめんなさい)
このメニューには訳あり!
帰省した娘の好物ばかりですからねぇ〜!
(実は息子の苦手なものばかり )
母親は、久しぶりに腕によりをかけましたー!
しばらくは、彼女の好物が食卓の中心ですよぉー!
2010.08.30 Monday

【イカリソウ酒】を作りました!

初めての頃みで、 【イカリソウ酒】を作ってみました! 
たぶん、梅酒を造る要領で良いんじゃないかと!
保存瓶に、乾燥させた“イカリソウの葉”“35度の焼酎”“砂糖”
適当に入れただけなんですけど! 
(一応ネットで調べたけどね、こんなんで良いのか実に不安)








もそもの発端は、
主人が何処かの飲み会で(男同士の例の下ネタ・・・たぶん)、
“イカリソウ酒が良いなら、よーし、オレが造ってやる!”なんて、
安請け合いしてきた ツケが、私に回ってきた訳なんですよ!

 


★《イカリソウ》が、薬草だと言うことは周知の事で、
 世詩絵も、《薬草茶》を造るときに入れているから、
 まんざら効能が無いとは思いませんが!
   男の深刻な悩み?には効くのかしらねぇ〜? おっほほほほ!
 


Powered by
30days Album
PR